四月の屍衣
『四月の屍衣』レジナルド・ヒル(ハヤカワ・ミステリ文庫)

休暇でリンカンシャーの田舎を訪れたダルジール警視は、そこで知り合った未亡人ボニーの大邸宅に滞在することになった。邸宅は改装してレストランを開業する予定だが、資金不足と彼女の夫が不慮の事故死を遂げたことから中断しているらしい。ダルジールは、ボニーの家族や使用人が彼の死について謎めいた言い方をするのを聞き、死因に疑問を抱くが……『秘められた感情』に続き文庫オリジナルで贈る、話題沸騰の英国本格。(本書あらすじより)

超ひさびさのレジナルド・ヒルです。ヒルは絶対自分好みの作家のはずだし、あれだけデクスターデクスター言ってる人がヒルは読んでませんじゃ恥ずかしいんですけど、これでまだ3作目。ただ、今まで読んだ『骨と沈黙』や『ダルジールの死』(なんでこれ読んだ)と比べて、はるかに面白かったですよ。おっしゃ、これなら2014年にヒルをがしがし読めるんじゃないですか、たぶん。
ダルジール警視が無遠慮にも入り込んでいった奇妙な家族の内部が少しずつ暴かれていくのですが、ダルジールがどっぷりその家族に入れ込んでしまうというのがポイント。妙にぼんやりとした非現実的な雰囲気が漂うので非常に面白い読み心地です。本格ミステリとしての出来もグッド。これは良作でしょう。

冒頭、パスコーの結婚式から一転、奇妙な家族のお葬式となり、さらにダルジールが氾濫した湖の上をボートで渡っていく、鮮やかな場面転換が印象的です。未亡人といつの間にやら良い感じになってしまうダルジールが私人&警察官として身の振り方に(らしくなく)迷ってるのがかわいいですね(デブのおっさんですけど)。
別に閉ざされてはいないんですが一種のクローズド物っぽさがあり、ダルジールもあくまで休暇中の身なので、警察小説っぽさが全然ありません。あくまで「ダルジール」という一個人が出くわした大いなる休暇(そしてそれがいい)。そういう意味では私立探偵物と言ったほうが近いかもしれませんね。パスコーとか全然出て来ませんし(それもいい)。

やたらと個性的で無神経な登場人物と交わっていくことで導き出される真相は、ダルジールが警察官として事件に関わらなかったからこそ、苦味があり、印象深いもの。ユーモラスな語り口に支えられた、英国ミステリらしい良い作品だと思います。こういうの好きですねー。

というわけで、今年はヒルを読める年になるか! ……分厚いんだよなぁ、どれも。

書 名:四月の屍衣(1975)
著 者:レジナルド・ヒル
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 200-3
出版年:1997.3.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/981-4824c69e