ゴーン・ガール 上 ゴーン・ガール 下
『ゴーン・ガール』ギリアン・フリン(小学館文庫)

ニックは三十四歳、ニューヨークで雑誌のライターをしていたが、電子書籍の隆盛で仕事を失い、二年前、妻エイミーとともに故郷ミズーリに帰ってきた。しかし都会育ちの妻にとってその田舎暮らしは退屈きわまるものだった。結婚五周年の記念日、エイミーが、突然、謎の失踪を遂げる。家には争った形跡があり、確かなアリバイのない夫ニックに嫌疑がかけられる。夫が語る結婚生活と交互に挿入される妻の日記。異なるふたつの物語が重なるとき衝撃の真実が浮かび上がる。大胆な仕掛けと予想外の展開、「NYタイムズ」で第一位に輝いた話題のミステリ登場。(上巻あらすじより)

天下のギリアン・フリン、初読です。もうなんか読む前からこいつは自分の苦手な話だろうなーって予感がプンプンするんですが、今年のそこそこの話題作なので仕方がありません。
で、まぁ、頑張って読んだわけで、たしかにとんでもない傑作であることは間違いないんですが、こんなしんどい思いをしなきゃならないならミステリなんて読みたくないし、金輪際イヤミスは手に取りたくないぜ、ってわたしゃあ思いました(ってかイヤミスなの?)。

何と言うか実に上手いんですよ。奥さんの失踪に対し曖昧な態度を取る夫ニックの一人称語りと、失踪前の幸せそうなエイミーの日記が交互に語られるんですが、2人とも言っていること、考えていることが微妙に食い違っていて、読者は何が真実なのかが分からなくなります。一人称なのに、ニックは何をしエイミーはどうなったのか、何を信じていいのかがはっきりしないのです。2人の心理状態の描き方によって、作者は読者の感情すらコントロールします。後半ではさらに読者の感情を弄ぶことで意外性と展開の予測不能さを生み出し、怒涛の結末まで一気に読ませるわけですね……めっちゃ上手いです。

というわけで傑作なんですよ。サスペンスとどんでん返しと謎解きが絶妙にミックスされた稀有な一品でしょう。
……しかし、個人的にはですね、物語中で常に誰かが非常にしんどい思いをしているこういう作品を、読んでいる自分は耐えられないんです(作者はドSだ)。ニックが疑われたり、エイミーが酷い目にあったり。真実を言っているのに信じてもらえないもどかしさ(つらい)。思ったほどラストは酷くなかったですが、まぁでもじわじわしんどいしつらいしえげつないし、はっきり言ってこんなもの二度と読みたくないっすわはい。

まぁそういうわけなのでわたしゃあもう現実世界に疲れましたよ。世の中の幸せなカップルたちはこんなもの読んじゃいけません。作者さんだって謝辞で「あなたって最高。結婚してくれてありがとう。」なんて言ってるのにこの後離婚したらしいですからね夫婦ってこわいね(何それこの話で一番こぇぇよ)。

書 名:ゴーン・ガール(2012)
著 者:ギリアン・フリン
出版社:小学館
    小学館文庫 フ6-2,3
出版年:2013.6.11 1刷

評価★★☆☆☆(あくまで個人的には)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/977-10c99060