消失!
『消失!』中西智明(講談社ノベルス)

その街に連続して起こった殺害事件。共通するのは死体と犯人の不可解な「消失!」。そして、殺されたのがいずれも赤毛の持主であったことだ。赤毛を恨む人間の復讐行なのか。最初の「驚愕」は、名探偵新寺仁が解き明きした真相にある。だが、その奥には二重三重の途方もない真実が……。22歳作家鮮烈デビュー。(本書あらすじより)

写真がこんなのしかありませんでした。
突然国内ミステリを、おまけにザ・新本格を読み出すなんていったい何があったんだと思われるかもしれませんが、えーと、ただの気まぐれです。特に意味はありません。自分、全くこの本のタイトルも作者も聞いたことなかったのですが、その筋では有名な作品のようですね、どうやら。という人の感想ですので、以下の文章はその点差っ引いて読んでくださいね、いつものことですが。

さて、読んでみましたが、うむ、確かにトリックはすごいし驚いたし感心したんですけど、ただ終盤のサプライズ畳み掛けに突入したあたりから全くテンションが上がることなく、「ふーん、なるほどなるほど」くらいのまま読了してしまったので、つまりは結局、自分が読みたいミステリはこういうのじゃないんだろう、とつくづく感じます。

3つの事件が次第に接近していく過程はとても楽しく読めました。同日の市内で一体何が起こっていたのか?という謎は非常に魅力的。犯人視点も交えつつ続けざまに事件が発生し次から次へと展開していくので読者を飽きさせません。密室ネタとその謎解きを適度に挟んでいるのも上手いですね。

で、えーと、ほらこの作品のトリックの1つってアレなわけですけど、で私はこの手のトリックが嫌いなわけですけど、その点は思ったほど嫌いでありませんでした。大トリックが複数仕掛けられているため、1つ1つがメイントリック、って感じではないからでしょうね。ただ、すげぇ驚いた、というよりは、ふーんってくらいにしかならない自分が悲しいような……この手の国内ミステリを俺はどう楽しめばいいんだ……。つまるところ、こういう風に驚かせられて(まさにそんな感じ)みんな何が面白いの、と言いたいんですけど、こればっかは感性というか好みの問題なのでいかんともしがたいですね、はい。

ま、なんというか、とりあえず自分はこういうのを読みたくてミステリを読んでいるんじゃないんですね、ってことにしておきましょう。

書 名:消失!(1990)
著 者:中西智明
出版社:講談社
    講談社ノベルス ナK-01
出版年:1990.10.5 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/974-46fc821c