冬のフロスト 上 冬のフロスト 下
『冬のフロスト』R・D・ウィングフィールド(創元推理文庫)

寒風が肌を刺す一月、デントン署管内はさながら犯罪見本市と化していた。幼い少女が行方不明になり、売春婦が次々に殺され、ショットガン強盗に酔っ払ったフーリガンの一団、“怪盗枕カヴァー”といった傍迷惑な輩が好き勝手に暴れる始末。われらが名物親爺フロスト警部は、とことん無能で好色な部下に手を焼きつつ、マレット署長の点数稼ぎが招いた人手不足の影響で、またも休みなしの活動を強いられる……。(本書あらすじより)

フロスト警部も残り未訳は1冊。寂しい限りですね……ウィングフィールドさんが亡くなってしまったことがつくづく惜しまれます。というわけで今年8月に出た『冬のフロスト』です。
わたしゃこのシリーズの大ファンなので、相変わらずのフロスト警部を大いに楽しんだし、ガッと読まされましたけど、しかしシリーズファン以外にまで薦めようとは思わないかなぁ……。この、結末が全く気にならないダラダラ感こそが魅力とは言え、さすがに長いので。

長さを感じる原因は、下巻(後半)で新たな事件・展開がほとんど起こらないことかもしれませんね。『フロスト気質』も同じでしたが、あちらは身代金の受け渡しという熱い展開が下巻にありましたから。しかし逆に言うと、そんなんで1000ページ引っ張ってしまうからこのシリーズはすごいとも言えるのですけど。フロスト警部のお下品ジョークと行きあったりばったり捜査と続発する事件でいくらでも尺が伸ばせてしまうのです。すごいな。
あとそう、メインとなる売春婦連続殺人事件以外のチマチマした事件が、わりと機械的にというか、付け足しのごとく処理されていくのもちょっとマイナスかもしれません。そんな有機的に繋がってろというんではもちろんなく(それじゃあフロストじゃないよねぇ)、もう少し行きあったりばったりの中で偶然解決されていく感じの方が個人的には好きです。

あれ、おかしいな……俺はこの作品を楽しんだのになぜケチを付けているんだろう……。

さてさて、今作のフロストの部下は超使えないグズでのろまなモーガン刑事。今までの部下役が向上心出世欲の強いフロスト警部と対立するキャラクターが多かったことを考えると、これは新しいですね。彼が配されたことで、クズ上司マレットと面倒見の良い上司フロストの対比が際立っていて面白いです。人間関係がギスギスしない分、フロストの人情味がますます強調されているようにも思います。

まぁなんにせよ、このシリーズのファンには今作も当然の如くお薦め。次作、というか最終作の刊行は数年後がいいな……もったいないからねぇ。

書 名:冬のフロスト(1999)
著 者:R・D・ウィングフィールド
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mウ-8-6,7
出版年:2013.6.28 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/963-dc7463ee