黒い駱駝
『黒い駱駝』E・D・ビガーズ(論創海外ミステリ)

黒い駱駝に魅入られた者は誰だ! 3年前にハリウッドで起こった未解決の殺人事件がホノルルに飛び火し、さらなる殺人を引き起こす。指紋以外の科学的捜査手法がない時代、チャーリー・チャン警部による捜査の行方は……。(本書あらすじより)

やはりビガーズは上手いなぁと思わせる一作。まったりハワイな雰囲気をしっかり演出し、キャラクターで物語を引っ張り、手がかりをばらまききっちり回収し、緊迫感あふれる解決シーンと意外な犯人を用意し、中国系移民の悩みをそっと添えて締める、と。上手いし面白いのです。

実を言うと、『黒い駱駝』は読んだことがあるんですよね。しかもたった半年前。別册宝石の抄訳版なので、分量的には半分くらいのものですが。当時の感想がコレ→『別册宝石 第8巻2号 通巻45号 世界探偵小説全集11/E・D・ビガーズ篇』E・D・ビガーズ

でまぁ、中身についての感想ははっきり言って半年前と大して変わらないわけなので、せっかくですから抄訳版と完訳版の印象の違いについてちょっとだけ書こうかなと。というわけで未読の方は半年前の感想を読んで下さいね。別にここでネタバレするわけではありませんが、そんなに作品の中身について話すわけではないので。

結論から言えば、抄訳版の方がはるかに面白かったです。もちろん初読時のインパクトというのもあるのでしょうが、結局黄金期の本格ミステリなんてものは、余計なところを削ぎ落とした方が面白いんじゃないかってのはあるんですよ、たぶん。こればかりはしょうがありません。
抄訳版で端折られた部分については解説に詳しいのでごちゃごちゃ書きませんが、確かになくても問題ないシーンではあります。中盤の捜査の一部カットは中だるみ防止に貢献していますし、移民としてのチャンの悩みはチャン警部ファンとしては深みが生まれるので欲しいところですが、これもない方がストーリーがすっきりするのもまた事実でしょう。

それにしても、チャン警部が移民として世代間格差を感じる場面があるだけで、こう、作品の印象がガラッと変わるんですよね。抄訳版はもっとのんきな感じだったように思います。一方完訳版はどことなく哀愁を感じるんですよ。結末なんかもちょっと苦い雰囲気で。せっかくアメリカではなくハワイが舞台のチャン警部物なんですから、こういうハワイならではのシーンはやっぱりあると嬉しいですね。

というわけで、やや冗長さを感じないこともなかったので、本格ミステリベスト10でトップテンはさすがに無理でしょうと前言撤回してしまいますが、これはこれで良いものですよ。さぁあとはこれよりはるかに面白い『鍵のない家』を復刊するのです! さぁさぁ!! あの能天気な長編を読みたいぜ!!!
ちなみにこれはあんまり言いたくなかったんですが、翻訳がね……チャン警部の口調とか、というか全体的にちょっと未熟で気持ち悪かったかなぁってのは思いましたね、はい……。

書 名:黒い駱駝(1929)
著 者:E・D・ビガーズ
出版社:論創社
    論創海外ミステリ 106
出版年:2013.6.20 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/961-bbe51925