暗殺者の正義
『暗殺者の正義』マーク・グリーニー(ハヤカワ文庫NV)

“グレイマン(人目につかない男)”と呼ばれる暗殺者ジェントリーは、ロシア・マフィアから、悪名高いスーダンの大統領の暗殺を依頼された。だがCIA時代の上官が現われ、意外な提案をする。大統領を暗殺するふりをして拉致せよ。成功すれば、今後命を狙うことはないというのだ。彼はロシア・マフィアの依頼を受けたように見せかけてスーダンに赴くが、次々と思わぬ事態が!(本書あらすじより)

北上次郎氏が目下絶賛中、暗殺者グレイマンシリーズ第2作。前作はただもうドンパチやりまくるという実に頭の悪い(褒め言葉)アクション小説でしたが今作は果たして。こちらの方が評判は良いのですけどね、単に頭が悪いだけではなくなったので。
大雑把に言うと、ロシア・マフィア、CIA、そしてグレイマン本人の思惑が混ざり合いながら大統領暗殺/拉致計画が進む、という話。個人的には激アツストーリーが一本がっちりまとまっている前作の方が好きです。プロットに凝り始めたのは分かるんですが、グレイマンがうっかり巻き込んでしまった民間人のやかましい女を救おうとアホな行動に出たせいで延々とバトり逃げるはめになる前半がやや退屈だったんですよ(この部分は要は終盤に大事になっていくのですが、たぶんこうやってちょっと凝ってみたせいでややこしくなってるんですよね)。ラスト近辺も、元上官とのプロフェッショナルな関係と葛藤が絡んできたりと味わいは増しましたが、カタルシス的な点では物足りません。ま、何を求めてグレイマンを読むかで違うのでしょうけど。

あくまでこれは自分の好みですが、プロフェッショナルの戦いに足を引っ張るやつを投入することで話を引っ張り盛り上げようというやり方はどうしても好きになれません。よくいるじゃないですか、冒険小説とかファンタジーとかで、主人公のパーティーに一人だけドジっ子みたいな人が。こういうの嫌いなんですよねー。ミスとかすら極力欲しくないんです。だから国連刑事裁判所の職員で特に許可も得ず勝手な判断でスーダンに来ていたパンピー女性(もうこの時点でイヤ)が色々ポカやり(イヤ)襲われる、という形で前半を作っているのはどうもねぇ、安直じゃないですか。
また、ミッションのインポシブリっぷりも前作の熱さには勝てていないと思います。前作の多対一、というシンプルな構図を見たあとでは、CIAチームと協力して大統領の拉致を目論むグレイマン、ってのがなんかそこまでかっこよくないんです。確かに盛り上げる山をいくつも作ってはいるんですが、むしろそのせいで一つ一つのインパクトが弱まっている気もします。チーム戦ってのもそりゃ良いですけど、個人戦の方が面白いじゃん、と。そしてやっぱり最後は“冒険”ではなくてバトルでしめて欲しかったな、というのは個人的な注文。

まぁかなり楽しめましたから、第3作も読みます。『暗殺者グレイマン』を評価しない人がいるのも分かるんですけどねー、中身カラッポだから。自分は案外カラッポな方が好きなのかな……。

書 名:暗殺者の正義(2010)
著 者:マーク・グリーニー
出版社:早川書房
    ハヤカワ文庫NV 1281
出版年:2013.4.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/960-c4541eb3