ナヴァロンの要塞
『ナヴァロンの要塞』アリステア・マクリーン(ハヤカワ文庫NV)

エーゲ海にそびえ立つ難攻不落のナチスの要塞、ナヴァロン。その巨砲のために連合軍が払った犠牲は測り知れない。折りしも、近隣の小島ケロスにとどまる1200名の連合軍将兵が、全滅の危機に瀕していた。だがナヴァロンのある限り、救出は不可能。遂に、世界的登山家のマロリー大尉ら精鋭5人に特命が下った─ナヴァロンの巨砲を破壊せよ! 知力、体力の限りを尽くして不可能に挑む男たちの姿を描く冒険小説の金字塔!(本書あらすじより)

初マクリーン。やーようやく読めました。この手の冒険小説とかスパイ小説、全然崩せていないんですよね。『女王陛下のユリシーズ号』とか、『鷲は舞いおりた』とか『深夜プラスワン』とか『寒い国から帰ってきたスパイ』とか。
というわけでまずは『ナヴァロンの要塞』ですよ。冒険小説の金字塔とも言うべき名作。勇敢な男たちがナチスドイツを相手にミッション・インポシブります。息もつかせぬまま一気に読ませ、物語としての貫禄は十分。……なんですけどねぇ、ちょっとだけ物足りないっちゃ物足りない気もします。

ミッションは無謀ながらも荒唐無稽ではなく、強靭ながらも超人ではない男たちによって、極めてリアルに遂行されます。単に敵地をぶっ壊すだけでなく、2000人のイギリス兵&善良な島民を救うという目的があり、分かりやすく入り込みやすいストーリーがむちゃくちゃ面白いです。
こういうプロ対プロっていいですよねー。ナチス側に尊敬に値する人間を置いて主人公と語らせるあたり作者分かってるじゃないですか(後半にも出してくれればいいのに)。ただ基本的に敵側のキャラクターはあんまり出て来ず、味方側の描写に終始しているので、個人的には誰か司令官っぽい人とかも欲しかったですね、少し。
味方側のメンバーについては、個性的なメンバーを多様に揃えたなぁという感じで、読んでいて実に面白く仕上がっています。ガサツなマッチョマンからストイック系技師まで、という感じ。これは良いです。こういう話で主人公サイドに足を引っ張る人を出すのは自分はでぇきらいで、スティーブンズなる若造にその兆候があっておっおっって思いながら読んでましたが、最終的にそんな足引っ張りでもなかったし、こいつに普通に泣かされてしまったので、主人公側5名に文句はありません(何を偉そうに)。

しかし読んでいて驚いたのが後半に出て来た突然の謎解き展開。なんですか伏線の山は! なんですかこの本格ミステリもびっくりな解決シーンは! いやそうじゃないかなとは考えていましたが、こんなにしっかりと手掛かりがあるとは思ってもみなかったので、心底感心してしまいました。これは良いミステリです。どこがと言ってしまうとネタバレになってしまうので、未読の方はぜひ読んで確かめてみてください。本格ミステリ好きの人なんかは結構楽しめるんじゃないでしょうか。

と大満足のはずなんですが……終盤がねぇ、思ったよりあっさりしてるのがちょっと拍子抜けだったかな。一番苦戦しそうな場面なのにあんまり苦戦しないんです。前半には不足の事態発生!みたいなのがあったのに、そういうのも全然ないし。手に汗握る作戦なだけに、淡々と進んでしまうのがもったいなかったです。

しかしとにかく楽しめました。これはやはり名作でしょう。『女王陛下のユリシーズ号』も読んでみないと。
ちなみに、Twitterで教えてもらったことですが、「謎解き志向がフルに発揮されたのが『北極基地/潜航作戦』。北極圏に浮かぶ氷塊の上に建設された観測基地で火災発生、救助に向かう原潜内で怪事件続発。そして殺人事件が! 謎解きと冒険活劇の完全結合体です」ということらしいので、こちらも読んでみるつもりです。

書 名:ナヴァロンの要塞(1957)
著 者:アリステア・マクリーン
出版社:早川書房
    ハヤカワ文庫NV 131
出版年:1977.2.15 1刷
    1988.5.31 10刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/957-329e6ee6