緑衣の女
『緑衣の女』アーナルデュル・インドリダソン(東京創元社)

住宅建設地で発見された、人間の肋骨の一部。事件にしろ、事故にしろ、どう見ても最近埋められたものではない。現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近にはイギリスやアメリカの軍のバラックもあったらしい。付近の住人の証言の端々に現れる緑の服の女。数十年のあいだ封印されていた哀しい事件が、捜査官エーレンデュルの手で明らかに。CWAゴールドダガー賞・ガラスの鍵賞受賞作。世界が戦慄し涙した。究極の北欧ミステリ。(本書あらすじより)

ブログ再開宣言をしてから早くも更新が滞っており申し訳ない限りです、はい……。
さて、『緑衣の女』。実は献本のおかげで発売の数週間前には読み終わっていたのですが、まぁさすがに感想書けませんしね(つっても発売から既に一ヶ月以上経過しているので感想書くのが遅くなったのはぶっちゃけあんまり関係ないですけど)。ただ読み終わったのがずいぶん前になってしまったので、かなり曖昧な感想になると思います。うーむ。

『湿地』『緑衣の女』と読んで思ったのですが、基本的にインドリダソンの作品ってそんなに凝ってもいないし、複雑でもないんですよね。主人公が特にどうすることもなく事件は流れ的に解決してしまうし、真相はかなり強烈なものであっても何となく必然的な流れであるように思えるし、エーレンデュル捜査官の家庭問題という要素があるとは言え事件一本に話を絞っており、その事件も非常にシンプルです。悪く言えば、2時間ドラマ的。『湿地』はその2時間ドラマ的な展開と陰鬱な雰囲気がよく合っており、かなり楽しめたのでした。

さて一方『緑衣の女』。CWAインターナショナルダガー賞を取っているあたりから考えて、こちらの作品の方が欧米では評価されたということなのでしょうが、結論から言うと個人的には『湿地』の方が面白かったです。ネタバレになるので上手く説明できないんですが、『湿地』が扱っていたのはアイスランドのより大きな問題だったのに対し、『緑衣の女』は家庭内暴力というより小規模で、身近な問題です。ただ、それがもう陰鬱で陰鬱でまず読んでいてちょっと辛すぎるんですよね。いやこうしたテーマが大事なのは分かるんですけど、何というか読んでいて楽しくないというか……。
ミステリ的な謎についても、『湿地』より凝っているしより魅力的なんですが、結局1つのネタをひっくり返しまくるだけで、最後の方には少し飽きてしまうのではないかと感じました。最初はかなり面白いんですが。中盤までの推理・推測は、ある意味で全て早まった推理・推測なわけで、つまり無駄とも言えると思うのです。読者をやきもきさせるだけの“謎”に過ぎないのではないかなぁと。

ただ、グイグイ読ませるシンプルさと勢いは相変わらずで、そこらへんインドリダソンの実力は確かなものなのだろうと思います。あくまで『湿地』の方が好き、くらいの差なのではないかなと。もっと円熟したこの作者の作品を読んでみたいなと思うのですが、どうでしょう。

書 名:緑衣の女(2001)
著 者:アーナルデュル・インドリダソン
出版社:東京創元社
出版年:2013.7.11 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/941-d85b46c5