暗殺者グレイマン
『暗殺者グレイマン』マーク・グリーニー(ハヤカワ文庫NV)

身を隠すのが巧みで、“グレイマン(人目につかない男)”と呼ばれる凄腕の暗殺者ジェントリー。CIAの特殊活動部に属していた彼は、突然解雇され命を狙われ始めたが、追跡を逃れて今は民間警備会社の経営者から暗殺の仕事を受けている。だがナイジェリアの大臣を暗殺したため、兄の大統領が復讐を決意、やがて様々な国の暗殺チームがグレイマンを標的とする死のレースを開始した!熾烈な戦闘が連続する冒険アクション小説。(本書あらすじより)

久々の更新です。試験レポートその他もろもろようやく片付きました。今日からはまたペース戻して行きたいですね、いやマジで。

というわけで『暗殺者グレイマン』。某冒険小説家の大家が、『暗殺者グレイマン』を境に冒険小説は変わった、というほどの本ですよ。よく分かんないですけど。
しかし実際、読んでみましたが、超面白かったです。凄腕の殺し屋が人質を救うためヨーロッパを横断しながら何ヶ国もの暗殺チームと戦いまくるだけ(本当にそれしかない)の大変頭が悪い話。しかしアクションがむちゃくちゃ読ませるので一本道のストーリーでも大いに楽しめます。予想以上に楽しめてしまいました。

主人公補正により、究極の地味男たるグレイマンはどれだけ死にかけようがまぁ死なないんですが(続編出てるし)、しかし案外緊張感が保たれています。道中傷付きながら各ポイントでバトルというクエスト的展開が手を替え品を替えどうだ面白いだろと言わんばかりでついついはまっちゃうのですよね。毎回のバトルも『ダイ・ハード』のごとく様々で飽きません。面白いのは、『ダイ・ハード』みたいに毎回ちゃんと倒しているわけではないこと。あくまで姿を隠すのが上手い“グレイマン”らしい逃げ方&たまの正面撃破という感じで、その辺が妙にリアルだなぁと思いました。
複雑な陰謀とか凝ったプロットとかが一切ないただただバトるだけの話なのも、ここまでやってくれると逆に潔いです(笑) バトルは毎回、読んでいて非常に動きが追いやすいので、なんだかんだグリーニーは描写がずば抜けて上手いのではないでしょうか。自分はこの手のアクションは文字で読むとたいてい理解出来ないのに。誰が何やっているのかちゃんと分かるんです。一挙一動が手に取るように伝わって来るので激アツ。

というわけで、とにかく頭を使わないアクション小説を読みたい人にはオススメです。続編はさらにプロットに磨きがかかったというウワサなので、期待したいところですね。

書 名:暗殺者グレイマン(2009)
著 者:マーク・グリーニー
出版社:早川書房
    ハヤカワ文庫NV 1267
出版年:2012.9.25 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/939-bc93facb