夏を殺す少女
『夏を殺す少女』アンドレアス・グルーバー(創元推理文庫)

酔った元小児科医がマンホールにはまり死亡。市議会議員がエアバッグの作動で運転をあやまり死亡。一見無関係な事件の奥に潜むただならぬ気配に、弁護士エヴェリーンは次第に深入りしていく。一方ライプツィヒ警察の刑事ヴァルターは、病院での少女の不審死を調べていた。オーストリアの弁護士とドイツの刑事、ふたりの軌跡が出会うとき、事件がその恐るべき真の姿を現し始める。ドイツでセンセーションを巻き起こした、衝撃作登場。(本書あらすじより)

こういう、ストーリーを追っていくのをガシガシ楽しめるようなミステリって大好きですねー。2つの事件の関係という謎や、ノンストップの捜査で暴き出される恐るべき真相、終盤のサスペンスなど、グイグイ読ませ、そしてめっちゃ面白い作品。素晴らしかったです。今年のミステリの中ではかなりお気に入り。

連続おっさん殺しを追う若(くもな)い女性弁護士と、少女殺しを追うおっさん刑事。対照的なだけに、交互に描かれるそれぞれの事件が実に魅力的です。両主人公の設定は、過去にめんどくさいことがあったとかなかったとかそういうのがベタっちゃベタなんですけど、それ言ったらこの本ベタだらけなわけですし、そのベタっぷりが何より面白いんだからいいじゃないですか、と。
この2つの事件が、オーストリアとドイツという2つの国を越えて結びつくところがとっても良いんです。徹夜で延々事件を追ってきた2人が邂逅するシーンとか、それだけでも十分熱いのに、その上ちょっと意外なこととかもあって激アツですよ、えぇ。そこからはまさに怒涛の展開。という名の一気読み。
怒涛の展開自体は極めて大人しく収束するんですが、このベタっぷり(またか)がたまらなく好きなんですよ、わたし。ラストの洒落たあざとい終わり方も良いですよねー。いや、これはかなり当たりだと思います。大変面白うございました。

傑作、という感じはないんですが、80点くらいの調度良い満足さを与えてくれる良作、といったところでしょうか。今度オーストリアに行くときにグルーバーの本を買ってこようかなぁ……。訳者の酒寄さんによると、グルーバーの翻訳は次も予定されているとのこと。その内容がまた面白そうなので、期待して待ちたいと思います。

書 名:夏を殺す少女(2010)
著 者:アンドレアス・グルーバー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mク-19-1
出版年:2013.2.22 初版

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/937-303800bc