ハローサマー、グッドバイ
『ハローサマー、グッドバイ』マイクル・コーニイ(河出文庫)

夏休暇をすごすため、政府高官の息子ドローヴは港町パラークシを訪れ、宿屋の少女ブラウンアイズと念願の再会をはたす。粘流が到来し、戦争の影がしだいに町を覆いゆくなか、愛を深める少年と少女。だが壮大な機密計画がふたりを分かつ……少年の忘れえぬひと夏を描いた、SF史上屈指の青春恋愛小説、待望の完全新訳版。(本書あらすじより)

最近授業の方が忙しくてですね……ぜぇぜぇ。
さて、まさかのSF2連発。カテゴリ名を「コーニイ」じゃなくて「コニイ」にしたのは、コニイの邦訳長編全てを出しているサンリオSF文庫がコニイにしているからです。早川書房は「コーニイ」なんですが。

『ハロサマ』、一言でまとめるなら、SF小説と見せかけた恋愛小説120%に付け足しSF小説、ってとこです(意味不明)。どう考えても現実にいたらビッチじゃんと言いたくなるようなブラウンアイズちゃんが超絶可愛いと言えればそれで十分じゃねという傑作青春小説的ななにか。えーっと、とにかく必読書ですぜ、これは。

教養小説的側面と恋愛面とSF設定が非常にうまく纏まっており、1つの作品としてこの上ない完成度。核となる異星設定(毎年グルームなる密度の濃い水に海が変わるとかその他いろいろ)はワクワクするほど魅力的。見ていて痛々しいまでに背伸びしたがる少年を通じて描写される数々の出来事が1つ1つ町の裏側で進行する不穏な出来事を上手く暗示しています。政府側と田舎町の争い、他国との戦争が複雑に絡み合って進行するストーリーから目が離せません。ドローヴの家族は、この星の縮図とも言えるんでしょうね。最終的に示される強烈な文明批判も印象的で、ラストの余韻は悲劇的で美しいものとしか言い様がありません。

……とSF要素をプッシュしてもいいんですけど、そんなことよりブラウンアイズちゃんが可愛く、ドローヴ少年とのひと夏の恋、というか一生物の大恋愛により引っ張られていくストーリーがべらぼうに楽しいので、何も考えず読んでキャーキャー言ってればいいんですよ、たぶん。これはもう超純粋で超熱い恋愛小説ですよ、その他はどうでもよし(そんなことはないけど)。ウブな二人がもう可愛くて可愛くて。ブラウンアイズって名前がいいですよね、まず何と言っても。女性が読むと、この男の欲望の権化のようなブラウンアイズちゃんはどのように感じられるのでしょうか、わたし気になります。

というわけで、なるほどSFって奥深いなと思わせられる傑作でした(なんか違う)。読むべし読むべし。SF設定について全然語っていない気がするけどとりあえず置いておいて。いやぁ、こういうのどんどん読みたいですよね。この間『ブロントメク!』を手に入れたので、またすぐコニイは読むと思います。それにしても、続編的位置づけの作品は翻訳してくれないのかな……。

書 名:ハローサマー、グッドバイ(1975)
著者:マイクル・コーニイ
出版社:河出書房新社
    河出文庫 コ-4-1
出版年:2008.7.20 初版

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/931-fd827503