かくてアドニスは殺された
『かくてアドニスは殺された』サラ・コードウェル(ハヤカワポケミス)

オックスフォード大学のテイマー教授にはとても信じられなかった。リンカーンズ・イン法曹学院きってのあわて者弁護士ジュリアが、たった一人でヴェネツィアに旅立ったとは。何しろ生まれ育ったロンドンで、二週間に一度は迷子になる子供のような女性なのだから。よくよく聞くと、彼女は重税に苦しめられ、気分転換にと海外ツアーに参加したらしい。同僚は、不安を抱きながら彼女を送り出していた。
数日後、その不安は現実のものとなった。ジュリアが留置されたというニュースがテレックスではいったのだ。ツアーの仲間、内国税局局員のネッドを、ホテルで刺殺した容疑がかかったらしい。一方で、はるかイタリアからジュリアののんびりした手紙が次々に届き始めた。彼女はネッドを女神アフロディーテに愛された美青年アドニスになぞらえ、彼に一目惚れした様子を書き綴っていた。いくら税金に悩んでいるとはいえ、収税吏だという理由で好きな男を殺すだろうか? 学究の徒テイマー教授は探偵に早変り、ジュリアの手紙を基に、真相追究を始めた。ミス・マープルや隅の老人の向こうを張って安楽椅子探偵となった教授の推理とは?
機智に富んだ会話、ギリシャ神話等を巧みに織り込んだ知的な文体、謎解きの妙味……英国ミステリらしい魅力に満ちた、才知溢れる女流新人の堂々たるデビュー作!(本書あらすじより)

さぁ、ついに最後のコードウェルになってしまいました。4作しかないとか非常過ぎます。うぅぅぅぅ、もっと読みたかったぜ。
読む順番としては最後になってしまいましたが、コードウェルのヒラリー・テイマー教授シリーズとしてはこれが第一作です。イタリアに旅行に出かけたジュリアが殺人容疑で捕まってしまい、送られてくる手紙をもとにテイマー教授が真相を推理する……という、二作目以降と全く同じ展開となっています。
相変わらずのふんだん(すぎる)英国ユーモアに乗せて英国本格ミステリが炸裂。いやはやめっちゃ笑えます。ミステリ部分も、そこまで凝ったものではないけどよく練られていますし、さらには読書しながらヴェネツィア観光も出来てしまうというお得な一冊です。これはおすすめ。

コードウェルは手紙の使い方がすぺさるに上手い作家で、伏線としても笑いどころとしてもバンバン手紙文を出してきます。読んでいてそれがめちゃくちゃ楽しいのですね。はっきり言って地の文より手紙の方が圧倒的に面白いとすら言えます。デビュー作ということで気合が入ったのか、ヒラリー・テイマー教授物4作のうち、もっとも笑える要素が多い作品なんじゃないですかね、これは。
というのも、本書の前半で手紙を書いているのがジュリアなのです。ジュリアは何かにぶつからずには歩けないというスーパー天然淫乱美女。『かくてアドニス~』を読んで彼女のファンにならない読者がいましょうか、いやいません。もうジュリアを知るために読めと言いたいくらいです(ちなみにジュリアファンには4作目の『女占い師はなぜ殺される』もおすすめですね)。
コードウェルの作品は手紙により事件の様相が現在進行的に語られていくのですが、それの何がいいって、容疑者の尋問だとかアリバイ調べだとか、そんな描写を一切入れずにすむ、ということでしょう。事件発生までが何よりも面白く楽しく読めてしまうのです(しかもさりげなく伏線込みで)。この面白さにはまったアナタは、病みつきになって4作全てを読んでしまうこと間違いなし。

真相はやや唐突かな、とも思いますが、まぁでもきちんと意外性があるし、その真相解明までがまた面白いので、本格ミステリとしても良いんじゃないでしょうか。だからつまり、クスクス笑いながらミステリ読みたい人はサラ・コードウェル読みましょうってことですよ。

あくまで個人的な印象で言うと、1年に1冊ペースで読んだからずいぶん胡散臭い印象ですが、『セイレーンは死の歌をうたう』≧『女占い師はなぜ死んでゆく』>『かくてアドニスは殺された』>『黄泉の国へまっしぐら』ですかねぇ。『女占い師』はまだ絶版になっていないので今のうちにぜひ。ゼロ年代本格ベストだか何だかにも選ばれていたはずです、たしか。

というわけで、これでヒラリー・テイマー教授シリーズはおしまい。名残惜しいです。あとは短編が1つくらい訳されていたはずなので、何とか探し出して読みたいものです。

書 名:かくてアドニスは殺された(1981)
書 名:サラ・コードウェル
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1441
出版年:1984.11.30 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/913-7611ee08