デッドマン
『デッドマン』河合莞爾(角川書店)

頭のない死体、胴体のない死体……身体の一部が持ち去られた6つの死体が都内で次々と発見される連続猟奇殺人事件が発生。鏑木鉄生率いる個性派揃いの特別捜査班4人が捜査に当たる中、一通の奇妙なメールが届く。差出人は「デッドマン」。彼は6つの死体のパーツを繋ぎ合わされて蘇った死人であると言い、自分たちを殺した犯人を暴くために協力したいというのだが……。第32回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。(本書あらすじより)

サークルの企画「マッドハッター賞」用レビューコピペ第四弾です。今回は横溝正史ミステリ大賞です。
島田荘司『占星術殺人事件』をモチーフにしていることもあり、それを読んでいない自分がレビュー書くのもどうかと思うんですが、まぁ知識的には問題なかったので構わないかな、と。
全体的によく出来ているし、ちゃんと読ませる力を持った面白い作品だとは思うのですが、何か一つ物足りないなぁという感じがあります。作者が書きたいものだけを書かないよう、もうちょっと抑えてみれば、もっとよくなるんじゃないかなと思いました(何様だ)。

では、600字レビューです。




謎の提示が見事な警察小説

 不可解な連続猟奇殺人、魅力的なキャラクター、スピード感とサスペンス、あっと驚く真相……などなど、実に上手い作品。面白いミステリを紹介して、と言われたら、躊躇なくこの作品をお勧めしたい。完成度は非常に高く、読んで損のない一冊だ。
 実を言うと、いくつか設定としてはムリヤリだと思われる点がないわけではない。とある登場人物の記憶や身体能力・病状が、あまりに都合よすぎるのだ。とは言え、そこが決してマイナスポイントになってはいないのが本書の優れているところ。『デッドマン』は謎解きにではなく、魅力的な謎を提示することに気力を注いでいるのだ。故に、上手くいきすぎだろう、と思いつつも、まっいいかな、と許せてしまう。何しろ死体の寄せ集めで新たに別の人間を作ろうというのだ。めちゃくちゃ面白いに決まっているではないか。
 ただ個人的には、「魅力的なキャラクター」がちょっと魅力的すぎるように思えた。特に、捜査の主役となる四人の警察官たちの性格が、良くも悪くも王道的すぎる。何というか、キャラ付けに必死なのだ。そのためか、彼らの熱心な捜査についていけなくなることがある。終盤の展開でも、どうも彼らが熱くなりすぎで、逆にこちらが冷めてしまうというか。おそらく作者は、相当な刑事ドラマ好きなのだろうなぁ。
 とにかく、これでもかと作者のやりたいことが詰め込まれた作品。次作でもきっと驚きの「謎」を見せてくれるだろうから、楽しみにしたいところだ。




書 名:デッドマン(2012)
著 者:河合莞爾
出版社:角川書店
出版年:2012.9.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/892-8b1605b0