夜勤刑事
『夜勤刑事』マイクル・Z・リューイン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

若い女性が指を潰され、絞殺されるという事件が相次いで起きた。捜査にあたったインディアナポリス市警のパウダー警部補は、ふたつの殺人の関連を追い始める。その矢先、女子学生が謎の失踪を遂げた。錯綜する事件の裏にはいったい何が?都会の夜を守る辣腕刑事パウダー登場。現代ハードボイルドの雄が、私立探偵サムスンを脇役に配し、怒り、迷い、恋に悩む男の姿を描く傑作警察小説。パウダー警部補シリーズ第一弾。(本書あらすじより)

さて、リューインのサムスン物と並ぶ人気シリーズ、パウダー警部補物です。

ざっくりした印象ですが、これは事件がどうこうとかもはやどうでもよくて、「パウダー警部補」という人間の生き様を楽しむための物語なのかな、と。彼のダサかっこよさを堪能出来ればそれで良いのです。そういう意味では、サムスン物と比べてはるかにキャラ萌え小説なのかもしれません。

警察組織を描くモジュラー型のある種の弱点は、その小説の内容はその組織の日常業務の一場面を切り取ったものに過ぎず、なんら特別性がない、ということではないかと思います。どこから読んでもどこで中断しても問題ない。つまり、序盤、読者を引っ張るのがやや難しいのです。
さらに、このパウダー警部補が、最初読者に取っ付きにくいキャラクターなんですね。フロスト警部とモース警部の悪いとこだけ取り出して協調性をゼロにしたみたいな(?)。みんな大好きアルバート・サムスンは、登場するやいなやパウダーにぶちのめされるし。こいつは何なんだ、と強く感じざるを得ません。

というわけで、つかみはちょっと弱い。

ところが、読み進めるに従い、パウダーがただの短気なオッサンではないことが分かってきます。切れ者で周りに合わせられない、根はいい人であるようなないような、短気なオッサンなのです(笑) それにともない、読者はパウダーの一挙一動を興味津々で追うことになるわけですよ。事件とかもうどうでもいい。

……と思えたら、もう文句なしに楽しめるのではないかなぁと。自分はとっても面白く感じました。いやプロットもすごくいいのですよ。二つの事件が結び付く(っぽい)とことか上手いし、案外伏線がキレイに張られているし。
終盤は駆け足で、なんかなあなあで終わった感もあるにはあります。が、そのなあなあさが逆に魅力的に思えてしまうのですね。これはたぶん、あの刑事に出したパウダーの指示が、宙ぶらりんなままだからじゃないでしょうか。結局、なあなあなもんなんですよ、捜査ってもんは(適当にまとめた)。リューインは意図的に、捜査の一部分を抜き出したかのような描き方をしたのではないでしょうか。故に、最後がやや尻切れトンボになるのも当然なのです。

なんかあまりハッキリした感想が書けないのですが、まぁ今のところは、サムスンの方が好きかなぁ。ちょっと癖が強いですね。リューインは作品数が少ないので、今年もちょっとずつ読み進めたいです。とりあえずシリーズ物中心で。


書 名:夜勤刑事(1976)
著 者:マイクル・Z・リューイン
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 165-6
出版年:1995.2.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/887-506968f5