九時から五時までの男
『九時から五時までの男』スタンリイ・エリン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

サラリーマン同様にスーツ姿で9時から5時まで勤めるキースラー氏には、妻にも言えない秘密がある。いつものように仕事先に赴いた彼はおもむろに手袋をはめ、用意した包帯をガソリンに浸していった……氏の危険で魅惑的な仕事ぶりを描いた表題作ほか、高齢化社会の恐るべき解決法を提示した「ブレッシントン計画」、死刑執行人が跡継ぎ息子に仕事の心得を伝える「倅の質問」など、奇妙な味の名手が綴る傑作揃いの全10篇。(本書あらすじより)

久々のエリンです。
この間、とある人が、「奇妙な味というのは江戸川乱歩が名付けたわけだけど、あれはつまりブラックユーモアのことであって、単にユーモアセンスのなかった乱歩が全然笑えないけどこれは何だろうと思って新たにジャンルを作っただけじゃないの」と言っていて、なるほどなぁと心底納得しました。奇妙な味=ブラックユーモア、そりゃそうですね。そういや早川書房から「ブラック・ユーモア選集」が出たのって、乱歩の死の5年後、1970年でした。ほんでもって「異色作家短編集」は1960年。意味深ですねぇ。

なんて御託は置いておいて。

やっぱりエリンの短編集の安定感は素晴らしいですね。大傑作が連発されるわけではないですが、どれもきちんと記憶に残るような高水準の作品。2日間、至福の時間を過ごさせてもらいました。全体的にちょっと考えるようなオチが多かったかな。
エリンの短編はいやらしい話を扱っていてもいやらしくないのが特徴かもしれません。うぇっとさせるのではなくニヤッとさせてしまう。淡々とした語り口がそれを可能にしているのでしょうが、このさじ加減はやろうと思って真似できるものではないんですよねぇ。これが例えばパトQだと、たぶんこの上なくいやらしくなるんだろうに(たぶん)。

ベストは……うぅん、難しいけど、こういうのも書くんだ!という驚きもあった「不当な疑惑」で。皆さん知っての通り基本心臓弱いので、自分。次点が「九時から五時までの男」「ブレッシントン計画」「倅の質問」かな。きっと人によってベストが大きく異なるだろうと思います。「ロバート」とか。
あ、あと、この文庫版の表紙、非常に良いですね。白黒絵に茶色の字。ぼやっとした感じがなんかピッタリ。

以下、個別の感想を。

「ブレッシントン計画」(1956)
老齢学協会を名乗るものの訪問を受けたトリードウェル氏のお話。物語自体が突拍子ないながらも妙な説得力があります。それだけでも十分面白いのに、オチが何とも言えず皮肉でニヤニヤが止まりません。必要最小限の語りが見せる短編の魅力。MWA最優秀短編賞を取るだけはあるのです。

「神様の思し召し」(1957)
奇跡を起こす男を無条件に信じる者の話。えぇっ、そこで話を終わらせちゃうの?と感じました。これはひょっとして一種のリドル・ストーリーなのかな?いや、確かに結末は見えているんだけど、ほのめかしに留まっているのがこの短編の上手さだよなぁ、と思います。

「いつまでもねんねえじゃいられない」(1958)
自宅で暴漢に襲われた箱入り娘の話。他と比べて長く50ページほどあり、なおかつ訳のせいで最初が読みにくいように思いました。どんでん返しを狙ったせいか、いろいろなエピソードを入れたりして、結果的に長くなってしまったような印象を受けます。楽しめたけど、やや冗長かな。

「ロバート」(1958)
品行方正な11歳ロバート少年と、58歳のオールドミス教師の話。この短編集の中で一二を争うイヤらしい話で、さっぱり目の残酷さが強烈。無垢っぽい少年が出る短編って苦手なんだよな……。個人的には好きではありませんは、エリン節が遺憾なく発揮された傑作であることは間違いないでしょう。好きな人は多いと思います。

「不当な疑惑」(1958)
電車の中で耳にした、隣席の弁護士が語る奇妙な物語。これはもう爆笑物。エリンってこんなのも書けるのかー、すごい。こんなオチで許されるのかという気もしますが、まぁやったもん勝ちですしね。毒味がなく読みやすい作品。皮肉さが抑え目で捻りが楽しめるとことか、リッチーの短編っぽいかもしれません。

「運命の日」(1959)
少年二人が体験した、幼き日の思い出とは。オチよりも、登場人物の心情で読ませる話。捻りこそないものの、ある種淡白な残酷さがちらちらと現れており、何とも言えないやり切れなさが残ります。それなのにどことなく叙情性が感じられるとはエリンさん天才ですか。そんなに好きではないんですけどね。

「蚤をたずねて」
蚤のサーカスをしていた男が語る物語。冒頭で「私」が騙されやすいと言っていて、それでこのラストのセリフでしょ。いやぁ上手いよなぁ。これぞ短編の「オチ」って感じです。他愛ないといえばそれまでですが、それをキッチリ仕上げてくるのがプロのお仕事。エリンの短編は本当に多彩です。

「七つの大徳」(1960)
ある会社が成功した理由は、その会社独特のモットーにあるらしい、それは一体……。途中までは文句なしの面白さなんですが……えぇと、このオチどういうことなんでしょう。分かる方、誰でもいいので教えてくれませんか……。必要最小限の語り口のせいで今度は自分の頭がついていけない……。
……と言っていたら、メルアドをnine to fiveにしてしまうほどエリンが好きなワセミスのある人から解釈を教えてもらいました。おぉ、なるほど。ネタバレなので、追記に記します。

「九時から五時までの男」(1961)
一見何の妙なところのないサラリーマンの日常。冒頭が、エリンかよっってくらい普通の小説っぽいのです。ところが男の仕事はどうも普通じゃない。で、ラストまた日常に戻るのですが。
これは、この語り口だからこそ傑作なんですよ。一切無駄なく、男の一日を全て描けてしまうところがすごいのです。特に、倉庫での行動が淡々と語られる様。ありゃあもはや芸術ですね。柔らかくはないけど尖ってもいない筆致が十二分に生かされた傑作。オチが、些細ながらもまたねぇ、やっぱりニヤッとしてしまうんだなぁ。

「伜の質問」(1962)
電気椅子係を副業にする男とその息子の話。これもまたオチが素晴らしいですね。それまでの語りの印象がくるっと一転してしまう、そのやり方が実に説明不足で、かっこいいんだなぁ。読者とエリンの対話が、ブラックユーモアでもって行われます。お見事。

書 名:九時から五時までの男(1964)
著 者:スタンリイ・エリン
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 36-5
出版年:2003.12.31 1刷

評価★★★★☆



[追記あり]









さて、「七つの大徳」のオチについてです。ネタバレありなので、伏せ字にて記します。というか、そのワセミスの方の解釈をそのまま引用します。

ラスト一行はInterior(内務省)とInferno(地獄)を掛けた悲しい駄洒落オチ。要するに、アメリカの内務省はイギリス等のそれと違い合衆国の土地とか林業とか天然資源を統括しているので、森林伐採・油田開発・鉱山経営をメインに(p236)今までやりたい放題やってきたエバグリーン社にとうとう行政の手入れが入ったことを意味している。
ラストで創立者が郷愁から泣き始めてることから、チャールズが悟った真相というのはやはり会社の倒産。そもそも社名がevergreen(=「不朽」の意)なあたり完全にエリン流の皮肉。七つの大罪を犯したものは地獄に落ちなければならない。


だ、そうです。なるほどねぇ、これはしっくりきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/886-1453e00b