八百万の死にざま
『八百万の死にざま』ローレンス・ブロック(ポケミス)

アームストロングの店に彼女が入ってきた。キムというコールガールで、足を洗いたいので、代わりにヒモと話をつけてくれないかというのだった。わたしが会ってみると、その男は意外にも優雅な物腰の教養もある黒人で、あっさりとキムの願いを受け入れてくれた。だが、その直後、キムがめった切りにされて殺されているのが見つかった。容疑のかかるヒモの男から、わたしは真犯人探しを依頼されるが……。マンハッタンのアル中探偵マット・スカダー登場。大都会の感傷と虚無を鮮やかな筆致で浮かび上がらせ、私立探偵小説大賞を受賞した話題の大作。(本書文庫版あらすじより)

ポケミス版の画像が見つからなかったので、やむなく文庫版の画像です。ぐむむ。
さて、ブロックは過去に泥棒バーニーと短編集1つを読んでいるのですが、マット・スカダーものは初。まぁねぇ、自分、ハードボイルドは全く読まずに来ましたからねぇ。ちなみにこれもハードボイルド読書会の課題本です。

うん、なるほど、やはり名作と言われるだけはあります。面白いですね。どことなく詩的な印象を受ける文章に引き込まれるのです。というか、事件の真相やスカダーのアル中がどうとかより、ただただ文章を楽しみました。でも、こういっちゃなんですが、やっぱり自分は、ハードボイルドを、面白いとは思えても、好んで読みたくなるほど好きではないのかなぁとつくづく思わせられた本でもありました。

スカダーが捜査を続けるのが、いろいろ感情があるとはいえ、第一に依頼を受けているから、というのはなかなか興味深いように思います。というのも、今まで読んだハードボイルドが、依頼人関係なく探偵が突っ走るとか、依頼人があっても最終的に突っ走る、とかが多かったように思うのです。マットと依頼人とのつかず離れずの関係がとっても良いんです。最終的には、依頼人チャンスがケチつけられないほど完璧な人格であるようにすら思えます(あれ、そういや何でキムは彼を怖がったんだっけ)。
このスカダーの心情は、どの程度描かれているんでしょうかねぇ。意外とぼんやりしているように思うのですが。ひょっとして、サムスン>マーロウ>スカダー>スペード>アーチャー……?いや適当言ってるだけなので突っ込まないで。

あと、かなり分量的には多めで、単調という意見も頷けなくもないですが、それでも展開的には意外と無駄がないのは良いですね。いや無駄な会話とかはいっぱいあるんですが、これは雰囲気作りとしては必須かな、と。一週間くらいかけてじっくり読みたい作品、という印象を受けました。だから急いで読んだのはちょっともったいなかったかな。

ラストの有名なセリフ、というか翻訳、確かにこれは名訳。何でか分からないけど泣けます。必要最小限の語数で、ラストを締めくくった、という印象がありますね。お見事でした。
……という、当たり障りのない感想です。つまらなくはないけど、他の作品まで読む気にはならなかった、というのが正直な感想。ハードボイルドって、いくら布教したい人がいても、それこそ本格ミステリとかと同じで、好みなんだよなぁ。って当たり前か。

書 名:八百万の死にざま(1982)
著 者:ローレンス・ブロック
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1431
出版年:1984.4.30 1刷
    1984.12.31 2版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/885-19b6df51