マッドアップル
『マッドアップル』クリスティーナ・メルドラム(創元推理文庫)

アスラウグは母とふたりで暮らしていた。野草を食べ、薬草を煎じる毎日。母が今日欲しがっているのは、毒のあるマッドアップル……。2007年、アスラウグにかけられているのは殺人未遂と第一級謀殺の容疑。ほんとうに彼女は母親とおばといとこを殺したのか?証言のたびに、浮かび上がる万華鏡のような事件の様相。真実は?全米図書館協会ベストブックに選ばれた、気鋭の処女作。(本書あらすじより)

これはすごいです。ここのところ、年末ランキング投票のために新刊ばかり読んでいますが、これは明らかに1つ抜きん出ています。新人とはとても思えません。
読み終わってみれば、実に他愛ない話。謎めかして書いている割に、きちんと伏線が張られているわけでもないし、結末は意外性とは程遠いのではないかと思います。はっきり言ってミステリとしては(という言い方もあれですが)ちゃちいかな、と。にもかかわらず、これは傑作という他ないですね。いやぁ素晴らしい。

物語は、アスラウグ視点による過去パートと、非常に無機質に証言のみ短く書かれた現在の法廷パートの交互を描きながら進行します。現在のアスラウグは何やら罪に問われているようです。一方過去のアスラウグの生活は非常に謎めいており、幻想的で不可解なもの。特殊な環境に育ったアスラウグの人生が、徐々に、ゆっくりとあらわになっていくのです。
過去と現在を交互に書くとか、それにより徐々に謎を解き明かしていくとか、まぁいっちゃあベタ。ところがこの作者の手にかかると、何でもない物語が異様な雰囲気に包まれることになるのです。とっても変な話なんですよ、これは。読者は何を信じたらよいのか分からず、作者に振り回されます。何しろ一人称とは言え、アスラウグ自体がよく分からない女の子なので、過去パートもよく分からないんですよね。
そうして至った結末は……驚き、というより、「え、そうなの?」という感じだし、結構あっけないものです。オチのつけ方も突然空気感が変わってしまうし。にもかかわらず、なるほど、面白い物を読んだなぁ、という気分に浸れてしまうんですよね、これが。500ページ、じっくりと読ませる良い作品です。
日程上、急いで読んだのですが、これは出来るだけ長い時間をかけて読みたくなるような本だと思うんですよ。ぜひ、時間のある時に、物語世界に入りきってしまいたいものです。

とにかく、読んでいる間の変な感じはちょっと説明しにくいので、ぜひ手にとって見て欲しいですね。人によってはラストがっかりするかもしれませんが、そこまでで十分もとは取れる面白さ。こういう形でミステリを作ろうとした作者に感服です。きっと全部計算ずくで、この幻想的な雰囲気を演出しているんでしょうねぇ。
ちなみに、これが『ディミター』と同月に同出版社から出た、というのがとっても面白いですね。共にキリスト教的要素が非常に強く、そしてある意味対極にあるとも言える作品。なかなか粋な計らいです。

書 名:マッドアップル(2008)
著 者:クリスティーナ・メルドラム
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mメ-3-1
出版年:2012.9.28 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/865-773274ee