ディミター
『ディミター』ウィリアム・ピーター・ブラッディ(創元推理文庫)

1973年、宗教弾圧と鎖国政策下の無神国家アルバニアで、正体不明の人物が勾留された。男は苛烈な拷問に屈することなく、驚くべき能力で官憲を出し抜き行方を晦ました。翌年、聖地エルサレムの医師メイヨーと警官メラルの周辺で、不審な事件や〈奇跡〉が続けて起きる。謎が謎を呼び事態が錯綜する中で浮かび上がる異形の真相とは。『エクソシスト』の鬼才による入魂の傑作ミステリ!(本書あらすじより)

初ブラッティ。『エクソシスト』は未読です。そうか、『エクソシスト』ってホラーだったのか……。

読み終わった直後の感想は、「え? え? お? は? ん? あー、つまり……………どういうこと???」という感じでしたね、えぇ。何が何だかよく分からないのです。しばらくしてから「うーむ、つまりやっぱりそういうことでこういうことなのか……とんでもないな」という気分になり、じわじわと面白さがこみ上げてくるというか。
とにかく、こういう傑作を「すげぇミステリだ」と紹介出来てしまうあたり、海外ミステリってすげぇというか怖ぇな、と心底思いました。なんという奥行と懐の深さ。

さて、このままじゃ未読の方にはさっぱりわからないのでマトモな感想を書かなきゃならんのですけど、うぅむ、これが非常に難しいのです。
ざっくり説明すれば、伝説のスパイ・ディミターを巡る物語、でしょうか。ジャンルは何かと言われると困るし、どういう内容かと聞かれてもボキャ貧の自分には説明しようがないのですが、とにかく規格外の"ミステリ"だということは言えると思います。そして"良い話"ですね、これは。

読み始めて思ったのが、案外地味、ということ。やたらと怪しい事件は起こるし、伏線らしきもの(のようなもの)もバンバン置かれますが、基本的に話はゆったり進むのです。ところで作者は「しかし彼は知らなかったが……」みたいに章を終わらせるのが大好きなのかな(多用し過ぎ?)。
で、何やかんやあって(説明出来ない)ラストを迎えるわけですが、いわゆる"驚愕のラスト"とはちょっと違うんですよ。なんとなーく予想付いちゃう人もいるのではないでしょうか。が、これが読了後、じわじわ来るんですよねぇ。つまり、えーと、"良い話"だなぁ、と(感想が小学生並で辛い)。

ちなみにですが、読後の感想で「驚きの結末」とか何とか言っているのは、どの部分を指しているんでしょうか。やっぱりあれ? うぅむ、これは、ちゃんと全部把握出来ている人といろいろしゃべりたいですねぇ。自分のキャパを超えています。

えぇい、とにかく、これは一読の価値がある良作です。貴重な読書体験が出来ますよ。なんだか説明出来ませんがすごいのです。言うなれば、「日本よ、これが海外ミステリだ!」みたいな。違うか。全然違うな。感想放棄してますけど気にしないで下さい。
ただ、ここまでの感想を書いて思ったんですが、自分一度も「面白い」とは言ってないんですよね……。いや、十分楽しめましたよ、楽しめましたけど、やはりちょっと規格外過ぎて、純粋に面白かったと言えるかと言われると、ちょっと微妙です。日本人読者、非キリスト教読者の限界というか。翻訳物のある種の難しさを考えさせられます。

書 名:ディミター(2010)
著 者:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mフ-26-1
出版年:2012.9.21 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/863-5bf58501