彼の個人的な運命
『彼の個人的な運命』フレッド・ヴァルガス(創元推理文庫)

三人の若き歴史学者、マルク、マティアス、リュシアンとマルクの伯父で元刑事が住むボロ館に元内務省調査員が連れて来たのは、凄惨な女性連続殺人事件の最有力容疑者だった。彼の無実を信じる元売春婦に託されたこの青年はほんとうに無実なのか? 彼は事件現場近くで目撃され、指紋もしっかり採取されている。三人と元内務省調査員が事件を探る。CWA賞受賞シリーズの傑作!(本書あらすじより)

今年はまず1月にヴァルガスの『裏返しの男』が出るというので、1月2日に『青チョークの男』を読み、2月23日に『裏返しの男』を読み、さらに三聖人シリーズの新刊も出るというので8月9日に『死者を起こせ』を読み、で今回『彼の個人的な運命』を10月12日に読み……と、まさにヴァルガス漬けの一年だったのです(三聖人シリーズ第二作『論理は右手に』だけは読んでいないのですが)。その結果、自分はヴァルガスがとてつもなく好きだという結論に達しました。おそらく唯一、飽きずに何時間でも読める作家なのではないかと思います。作品世界に浸りきり、没頭してしまうんですよ。いやー、いいね、ヴァルガス、東京創元社さん年間2冊も訳すとか偉い!ここでやめないで!

ごほん。さて、自分はヴァルガス大好きですが、別に全作品を褒めまくっているわけではないのです。例えば『青チョークの男』はとんでもない傑作ですが『裏返しの男』はちょっとそれに劣るかな、『死者を起こせ』は面白いけどあと一歩かな、というように。
で、『彼の個人的な運命』ですが……いやはや、こいつは超良作でした。相変わらずのヴァルガス・ワールドを心ゆくまで堪能。独特のまったりとした雰囲気+洒落た会話+程よいサスペンス+本格ミステリで、もう文句なし。最高です。読んでいる間の心地よさが何とも言えません。現時点で『青チョークの男』の次に面白いかな。やっぱヴァルガス最高やー。
内容としては、三聖人版『青チョークの男』といった趣かな? 話の筋にどことなく共通点があります(しかしそれを言えばヴァルガスって全部似ているのかもしれん)。自分は『論理は右手に』を読んでいないので、元内務省調査員ケルヴェレールが登場する作品は初めて読んだのですが……いやぁ、この人いいねぇ。程よい変人です。というか、三聖人シリーズとか言いながら、実質ケルヴェレールが主人公なのでは。はっきり言って三聖人の出番、全然多くはありません(お気に入りのマティアスがあんまり出てこない……)。たぶん、こうやって「三聖人シリーズ」として作ることに限界を感じた、つまりケルヴェレール物になってしまっているということに気付いて、作者はこのシリーズを打ち止めにしたんじゃないかと思うんですよ。いや分かりませんが。

しかし、この空気感は何と形容すればいいのかなぁ。ヴァルガスっぽいとしか言えません。ヴァルガスワールドでヴァルガスキャラクターが生き生きと動き回り、会話している、ってだけでもう十分というか。殺人事件が起きているというのに、誰ひとり深刻さを醸し出さず、ゆるゆるっと事件を捜査していく、これはもはや他作家に真似できるものではありません。ラスト、これがまた憎いのねぇ、読者をよく分かってるじゃないの。
添え物とすら言える本格ミステリ要素について言及するのも野暮なんですが、あえて言えば今回も大人しめで、そこまで凝ったものではありません。ただ、ある1つの要素がエピソードとして面白いだけでなく、ミスディレクションとして非常に上手く用いられているのには心底感心。この人は本気で本格ミステリをやっているのに、それをそうだと思わせないフワフワとした感じがあるのですが、その空気感こそ最大の”騙し”の手法なのかもしれません。

というわけで、ヴァルガスは素晴らしいという話でした。フランス・ミステリ独特の雰囲気ってほんっと良いよね。一冊も読んだことの無いという方、とりあえず『青チョークの男』を読みなさい。

書 名:彼の個人的な運命(1997)
著 者:フレッド・ヴァルガス
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mウ-12-5
出版年:2012.8.31 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/860-f24462f2