風の影 上 風の影 下

『風の影』カルロス・ルイス・サフォン(集英社文庫)

1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる……。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。(本書あらすじより)

これぞ小説。素晴らしいです。
あらすじにあるように、ずばり「冒険ミステリー」という説明がしっくり来ますね。恋愛物、歴史物、さらには「ファンタジーっぽさ」まで兼ね備えているという、実に贅沢な一品です。

~1950年代のバルセロナ、という舞台と年代でしか描かれ得ない作品でしょう。この時代、この場所で、血の通った人々が動き回ります。あらゆる端役が生き生きとしているんですよ(だからキャラや小エピソードがあざといとか言っちゃダメ)。作者の筆力を感じます。
いや実際、ベタではあるんです。ベタの積み重ねみたいな小説。ただ、そのあざとさは意識的にわざと前面に出しているものなのでは、という気がします。決してマイナスポイントにはなっていません。「物語」の「物語」を突き詰めていったらこうなった、というか。いやぁ上手いなぁ。

ミステリとしては、さっきも言ったようにこれは「冒険ミステリー」ですので、そこまで凝った構成があるわけではありません。読みながらある程度、「謎」の答えがチラチラと見えて来る(あっているかはともかく)んですが、こうして読者を引き付けることで、物語に大きな推進力が生じています。上巻の369ページでは痺れました。

ちなみに自分はバルセロナ行ったことがあるんですが、つくづくそれをありがたく思いました。バルセロナを生で見たことがあるかどうかで、大きく印象が変わるんじゃないでしょうか。雨のゴシック地区を駆け巡る主人公のイメージが実に強烈で……。
何と言うか、子供の頃に読んだファンタジーや冒険小説を強烈に想起させるんですよ。「ミステリー」として売り出すのもいいですが、これは子供向け、特に中学生に読んで欲しいなぁ。擦れた大人よりよっぽど楽しめるのでは。もうワックワクですよワックワク。


というわけで、全然まとまらない感想になってしまいましたが、いかにも「小説」らしい満足感を与えてくれる作品だと思います。あらすじに興味を惹かれた人はぜひぜひ。これは良作です。
ちなみにサークルの人でこれを神と崇めている人がいるんですが……彼はヴィクトリア朝が舞台のミステリが好きなんですよ。なるほど、『風の影』の面白さは、19世紀英国文学に近いものがあるような……いやそんなことないかな(笑)

書 名:風の影(2001)
著 者:カルロス・ルイス・サフォン
出版社:集英社
    集英社文庫 サ-4-1、サ-4-2
出版年:上 2006.7.25 1刷
    下 2006.7.25 1刷
      2006.8.28 3刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/840-6630a70e