春にして君を離れ
『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー(クリスティー文庫)

優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバグダッドからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱きはじめる……女の愛の迷いを冷たく見据え、繊細かつ流麗に描いたロマンチック・サスペンス。(本書あらすじより)

翻訳ミステリー大賞シンジケートの人気連載「アガサ・クリスティー攻略作戦」で、先日この『春にして君を離れ』の番になったわけです(詳しくはこちら)。
でまぁ、わたし、クリスティーはあらかた読んでるのをいっつも自慢しているわけですけど、メアリ・ウェストマコット名義と戯曲は全部読んではいないんですよね。ってかウェストマコットは1つも読んでないんですけど、はい。
でまぁ、天才書評家・霜月蒼さんのそそられるレビューを読み、ついに手にとったわけです。


読みました。


……うぉぉ、これはヤバいです。恐ろしいまでの傑作。これを読まずに「クリスティ好きです」とか言ってた昨日までの自分が恥ずかしいぃぃぃぃ。

ストーリーとしてはあらすじ以上の話ではありません。ただただ、中年女性が自分の半生を振り返る物語。ただそれだけなのに、これだけ心をえぐるような気分にさせられる小説って、ちょっと普通じゃないですよ。

とにかく、読者が読んですぐ"気付く"ように出来ているのが恐ろしいですね。絶妙に配置された回想エピソード。そしてラスト。なぜこんなに面白く「読まされて」しまうのでしょうか。
読者から見れば、主人公ジョーンは、滑稽な、哀れな人でしかありません。しかし、「ひょっとして自分も……?」と考えると……あぁ恐ろしい。

人によって、大きく捉え方・感じ方の違う作品でしょう。ですから、自分の感想文にゃ何の意味もないので、未読の方はすぐ買ってくることをお勧めします。霜月さんもおっしゃってますが、「未読のひとは即座に読むべし」です。


読んですぐ思い出したのが、「善意のサスペンス」とも呼ばれるアームストロング『毒薬の小壜』。『毒薬の~』と『春にして~』は、まさに表と裏の関係にある気がします(読み終えるとますますそう思う)。『春にして~』は言うなれば「悪意のサスペンス」でしょうか。

いやぁ、素晴らしいミステリ(これはミステリです)を読ませてもらいました。さっすがクリスティ。怖い。

これでクリスティー文庫102冊中、残すところ戯曲5(4?)冊、ウェストマコット名義5冊、『さあ、あなたの暮らしぶりを話して』、『アガサ・クリスティーの秘密ノート(上下)』の計13冊。ぐはぁっ、結構あるじゃないですか。

書 名:春にして君を離れ(1944)
著 者:アガサ・クリスティー
出版社:早川書房
    クリスティー文庫 81
出版年:2004.4.15 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/836-64755f33