高丘親王航海記
『高丘親王航海記』澁澤龍彥(文藝春秋)

貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。幼時から父平城帝の寵姫藤原薬子に天竺への夢を吹きこまれた親王は、エクゾティシズムの徒と化していたのだ。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王が、旅に病んで考えたことは……。遺作となった読売文学賞受賞作。(本書あらすじより)

初澁龍です。ミステリ以外は久々ですね。
……えぇと、感想は手短に。

雑誌連載だけあって、作者の初長編らしいですが、どっちかというと連作短編集と言う趣きが強いです。というわけで目次。

「儒艮」
「蘭房」
「獏園」
「蜜人」
「鏡湖」
「真珠」
「頻伽」

要は、高丘親王がインドへ向けて御供と一緒に旅をする、って話なんですが。出会うもの出会うものが完全にファンタジーだし、夢と現実の区別も曖昧だし、ちょこちょこ理解不能な設定が入るし、整合性にどうも欠けるしで、何だか作者が思いつきのまま書いたのかなぁ、という印象を受ける小説です。ま、つまりは幻想文学です。

そもそも自分が幻想文学というものをあまり理解していないというのもあるんですけどね。ファンタジー、ってのとはちょっと違うじゃないですか。不合理・不条理な世界が、独特ののんびりとした筆致で描かれ。つまらなくはないんですが、どうもそこまで面白味を感じることが出来ませんでした。まぁ、普段から読む幅が狭いからですね……反省します。
「獏園」「鏡湖」あたりは分かりやすく、素直に楽しめましたが、うぅん、やっぱりそこまでのれませんでした。手に余るので感想はこのくらいで。短編集の評判が良いので、今度そちらを試してみますね……今度っていつだか分かりませんが。

書 名:高丘親王航海記(1985~1987)
著 者:澁澤龍彥
出版社:文藝春秋
出版年:1987.10.25 1刷
    1988.2.10 5刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/830-96823c07