技師は数字を愛しすぎた
『技師は数字を愛しすぎた』ボワロ&ナルスジャック(創元推理文庫)

パリ郊外の原子力関連施設で、突然銃声が鳴り響いた。人々が駆けつけると、技師長のソルビエが撃ち殺され、金庫からは重さ二十キロほどの核燃料チューブが消えていた。そのチューブは、パリ市民を核爆発、放射能汚染の危険にさらす危険物だった。司法警察の捜査が開始されたが、なんと犯行現場は完全な密室状況にあったことが判明する。その部屋には、誰も入っていかなかったし、そこから誰も出てはこなかったのだ!更に重なる不可能状況での事件……。フランス・ミステリ界を代表するコンビ作家による、密室テーマの傑作本格ミステリ。(本書あらすじより)

初ボワナルです。初ボワナルにして、異色作とも言える本格ミステリなわけですが……。
……うぅん、これは、ねぇ。正直微妙です。

何と言うか、読んでいて面白くないんです。密室トリック自体は悪くありません。ベタですが、良く出来た心理トリック。ところが、そのトリックの明かし方・見せ方があまりにも上手くないんです。散々密室の謎で引っ張ってきたのに、こうもグダグダッと繰り返し、グダグダッと明かされるのでは興ざめ。

そもそも物語として楽しくないのが一番の問題でしょうか。核爆弾の恐怖がパリを支配している……という設定のはずなのに、そのサスペンス性が弱いのは致命的です。登場するキャラクターも、個性にかけるというか。捜査においては、あらゆる不可能状況に対し関係者が「そんなバカな!」を連呼してばっかりで何だかなぁという(「恐怖」を優先させる点がボワナルらしい、と解説にありますが、あまり機能していないように思います)。あげく警察のお偉いさんが主人公のマルイユ警部に、「疲れて夢でも見たのかね。1ヶ月休暇を取りなさい」とか言う始末。いったい、この展開の何が面白いのか……。

ラストはいかにもおふらんす的で、まぁこれは別に構いません。しかしこのシーンのインパクトを強めるために、フーダニット・ハウダニット要素を犠牲にしているのはちょっとどうかなぁ、と思わないでもないです。つくづく、本格ミステリを書くのに向いていないと感じます。TYは、本書を読んで、逆に、ボワナルのサスペンスを読みたいと強く思いましたよ(笑)

というわけで、まぁ、あまりオススメしなくていいかな……あくまで個人的な好みですけどね、念のため。
ちなみに、結局タイトルに何か深い意味はあるのでしょうか……。

書 名:技師は数字を愛しすぎた(1958)
著 者:ボワロ&ナルスジャック
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mホ-2-2
出版年:1960.3.25 初版
    1974.8.14 7版
    2012.4.27 新初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/821-0a2bb2bf