犯罪
『犯罪』フェルディナント・フォン・シーラッハ(東京創元社)

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の息子。羊の目を恐れ、眼球をくり抜き続ける伯爵家の御曹司。彫像『棘を抜く少年』の棘に取り憑かれた博物館警備員。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。――魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。高名な刑事事件弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描きあげた珠玉の連作短篇集。ドイツでの発行部数四十五万部、世界三十二か国で翻訳、クライスト賞はじめ、数々の文学賞を受賞した圧巻の傑作。(本書あらすじより)


最近、感想を書くのが読んでからかなり時間が経ってからになっています。良くないですねぇ。今も感想が何冊分か貯まっているわけですが。頑張ります。
さて、飛び入り参加した筑波ミス研読書会のために今さら慌てて読み出した『犯罪』ですが……(なんか本屋大賞を取った後に読んだのが悔しいですけど、断じて関係はありません)。

「フェーナー氏」
「タナタ氏の茶盌」
「チェロ」
「ハリネズミ」
「幸運」
「サマータイム」
「正当防衛」
「緑」
「棘」
「愛情」
「エチオピアの男」

……いやぁ、これはヤバいです。それこそ今さらですが、未読の方、ぜひ手に取って下さい。まさに「圧巻の傑作」です。
どの話も極めて淡々と「犯罪」が語られます。犯罪者はなぜ犯罪を犯してしまったのか?彼はどういった心理状態にあったのか?……といったことが、ものっすごく静かな筆致で語られるのです。これはちょっと説明しにくいですね。実際に読んでもらうしか。なかなか他の作品では見られない独特な雰囲気を持っているということは言えます。
まず初っ端の「フェーナー氏」の読み心地に驚かされるんですよね。あぁ、なるほど、この短編集はこういう話が集まってるのか、と。そしてそこからもう一気に読まされます。どの話にもある種の残酷性があるのに、それがあまり嫌らしさを感じさせない。シーラッハならではの作品なんでしょうね。

一応ミステリという扱いをされており、別に間違っているというわけではないのですが、おそらくシーラッハには積極的に「ミステリ」を書こうとしているわけではないのかな、という気がします。「サマータイム」を読むとそれがよく分かるんですが、何と言うか、ある種ミステリ仕立てになっているくせに、タイトルが全てを表しているんですよ(笑)むしろそういう姿勢が故に、こういう傑作になったのかもしれません。

ベストは「エチオピアの男」(泣いた)、次点が「フェーナー氏」と「正当防衛」(無駄にかっこいい)でしょうか。「緑」「棘」などの狂気を描いた作品が好きな人も多いでしょうね。人によってマイベストが大きく異なるのでは、という気がします。

なお、巻末に書かれた「これはリンゴではない」は、マグリットの絵のタイトルからの引用なわけですが(作中でもやたらとリンゴが出て来ますね……これ、全話こっそり出ているんでしょうね、たぶん)、これについては東京創元社さんのホームページで、翻訳された酒寄進一さんが詳しい考察をなさっています。こちらも読むといいですよ。

というわけで、傑作でした。これは今年のベスト級だなぁ。

書 名:犯罪(2009)
著 者:フェルディナント・フォン・シーラッハ
出版社:東京創元社
出版年:2011.6.15 初版

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/815-d16ff7e6