バイロケーション
『バイロケーション』法条遥(角川ホラー文庫)

画家を志す忍は、ある日スーパーで偽札の使用を疑われる。10分前に「自分」が同じ番号のお札を使い、買物をしたというのだ。混乱する忍は、現れた警察官・加納に連行されてしまう。だが、連れられた場所には「自分」と同じ容姿・同じ行動をとる奇怪な存在に苦悩する人々が集っていた。彼らはその存在を「バイロケーション」と呼んでいた……。ドッペルゲンガーとは異なる新たな二重存在を提示した、新感覚ホラーワールド。第17回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。(本書あらすじより)

読書会用に読んだものです。ちなみにこの感想を書いたのは読書会の後なので、感想に他人の意見がちょっと入っているかも。

さて、ホラー小説大賞受賞作だということで、やや身構えて読み始めたんですが、ぶっちゃけそれほど怖くはありませんでした(笑)ジャンルとしてはSFミステリ、あるいはホラーミステリに分類されるのでしょうか。違いがよく分かりません。
自らのバイロケーション(リアルなドッペルゲンガー)のせいで迷惑を被る人たちが、バイロケーションによる被害をなくそうとバイロケーションと戦う……という話だと思いますが、まぁ、刻々と状況が変化するので、あらすじとしては不適当かも。

異常に読みやすい作品です。しかしまぁ、良く出来てますね。作中にある仕掛けがなされていて、読書会に参加した人は全員気付いていたんですが(えー)、自分は全く分かりませんでした。というわけで、ラストは普通に驚けました。ようやるわぁ、って感じ。
情報・手掛かりが、特に後半、小出しに提出されるのですが、これが上手いですね。読者が分かるか分からないかの際どいあたりを突きつつ、興味を引き起こさせるのに成功しています。

ただ、作者が書きたいのはやはりホラーであって、ミステリではないのだと思います。ミステリとしてきっちり見てしまうと、登場人物の行動にいくつかふに落ちない点があるなど、やや問題があります。しかしまぁ、あんまりぐちぐち言うのも気の毒というか。
ラストですが……これがいかにも「ホラー大賞らしい」というのなら、こういうのはちと苦手です。

えぇと……特に感想がないんですよ。読んで面白いのは確かですが。好んで読もうとは思わないなぁ。

書 名:バイロケーション(2010)
著 者:法条遥
出版社:角川書店
    角川ホラー文庫 Hほ-2-1
出版年:2010.10.25 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/806-cc86fd0e