『パンプルムース氏のおすすめ料理』マイケル・ボンド(東京創元社)

権威あるグルメ・ガイドブックの覆面調査員パンプルムース氏は、元パリ警視庁刑事。味にうるさい愛犬ポムフリットは老犬ホーム送り寸前で彼にひきとられた元警察犬。とあるホテル・レストランの味のチェックに来た珍コンビに出された期待の皿には、なんと首が!生命を、おまけに貞操まで狙われながらも、パ氏が怪事件に挑む。(本書あらすじより)

『くまのパディントン』の作者が大人のために書いたユーモアミステリ、というのが一般的な宣伝文句です。確かに子供が読むにはいろっぽすぎるかも(笑)本格ミステリではまったくありません。ミステリを交えたおいしいフランス料理の本という感じです。

しかし、読みながら作者の伏線の張り方に感心していました。コメディ映画なんかもすんごい伏線の張り方をしますが、それと同じようなもんです。詳しくは言いませんが、ようするに義足だとウソをつくわけですよ、主人公のパンプルムース氏が。これが後々物語にたくさん関わってくるわけですね。というか、ここまで引っ張るとは、って感じです。

それからばかばかしい登場人物の多いこと。主人公パンプルムースはグレープフルーツ、ポムフリットはフライドポテトという意味みたいです。この二人がばかばかしい。他に、警察官の人がひたすら馬鹿をやり、ホテルのオーナーの奥さんが馬鹿をやり……うーん、きりがない。

ようするに、お気軽なミステリです。トリックとか、そういったこと考えて読んじゃいけません。犯人探しとかもどうでもよろしい。そういったやつですな。ユーモアミステリといっても、ジョイス・ポーターとは違い、もっとくだけて滑稽な感じですね。

書 名:パンプルムース氏のおすすめ料理
著 者:マイケル・ボンド
出 版:東京創元社
発 行:1998.

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/8-0c1c352f