イタリアに行った時、いろいろお土産を買ったわけですが、自分へのお土産となると、一番高かったのは16ユーロでした……やっす。

で、何かというと、こちら。

moblog_493272c5.jpg

はい、ジグソーパズルです。バチカン美術館で買いました。なぜか無性にやりたくて仕方なくなったのです。どう考えてもその原因は、1月ごろ、学校で友達とフィレンツェの風景のジグソーパズルを完成させたからだと思われます。
ちなみに、1600円というのは、日本の相場よりは少し安い……ような気がしますが、別にTYはジグサー(という単語があるかは知らんけど)でも何でもないので何とも言えません。

で、帰って来てから、ヒマさえあればコツコツ組み立てていったわけです。おぉ、なんと、予想以上にはまってしまうことよ。気付くと隣で弟も夢中で手伝っているという始末。こうなると、これが終わらなきゃなんか居心地が悪いというか、居ても立っても居られないというか、人生で大切なものを忘れてきてしまったかのような、そんな気分にすらなるというものです。そういうもんです。

という、いかにも春休みの大学生らしい暇人っぷりを発揮したあげく、数日前、ついに完成したのでした。それがこちら。

moblog_eba5e2f0.jpg

"La Scuola di Atene"……ラファエロの『アテネの学堂』ですね。バチカン教皇庁のラファエロの間のフレスコ画としてドーンとありました。ちなみに、このジグソーパズルでは端の方が結構カットされています。ふむ。

やーれやれ、何とか片付いた、よっこらせ、と腰をあげて、部屋の床に完成品を放置して、ネットをサーフィンしたり本を読んだりしていました。

数時間後、というか寝る前に、父親がとある指摘をします。「その右上の部分は、壁の模様?」
なんのこっちゃ、模様なら確かに細かいのがうじうじとあるは……


おしっこされてるーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


……うぅん、あれは、我が家のワンコに一瞬殺意を覚えた瞬間でした。てめぇ、これは床に描かれたフレスコ画じゃねんだぞコラ。これが本当の絵画における湿式法……いや、冗談言ってるバヤイじゃない。

幸い量は少なく、寝る前だったせいか色も透明で、乾かせば何とかなると思われました。ばっちりしみ込んでたけど。現在に至るまで乾かし中ですが、どうやら予想以上に問題なく乾きそうです。ほっ。


さて、このジグソーパズル、箱の中にはノリが入っていなかったのでした。ついでに額も欲しいし。
そこで思いだしたのが、荒川沖駅のブックオフに行く途中で見かけた「Puzzle Joy」というお店。正面にジグソーパズルのピースが描かれているのです。こ、これはまさか、ジグソーパズル専門店!茨城ごときに!

ネットで検索をかけたところ、とあるブログで紹介されているのみで、ホームページも何も存在しません。何なんだこの店……。

というわけで、とにかく今日行ってきました。

moblog_b44e80c2.jpg

moblog_1205e088.jpg

入ってみると、店内はとにかくジグソーパズルの山、山、山!そして山!暗くしてある部屋には光るジグソーパズルが壁一面に!なんだ、この店!こういっちゃあれですけど、こんなんで商売が成り立つんでしょうか。ジグソーパズルの一般国民浸透率が分からない……。

額を探したんですが、どうやら国内のものと海外のものでは規格サイズが異なるようで、ぴったり合う額がないのです。うぅむ、なんたることだ。とりあえず、一番近いサイズのものを買って来ました。ノリも。パズルが完全に乾いたら額に入れるつもりです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/789-04aaa5d0