名探偵宵宮月乃 5つの事件
『名探偵 宵宮月乃 5つの事件』関田涙(青い鳥文庫)

「私、宵宮月乃。ミステリー作家になるのが夢なの。体は弱いけど、推理ならだれにも負けないわ。5つの不思議な事件。どちらが先に謎が解けるか、あなたと勝負よ。」いつもは、おっとりやさしい月乃ちゃん。でも、謎を目の前にすると、名探偵モードになって……。暗号、密室、アリバイくずし。どんな謎もあざやかに解決する、史上最強の美少女名探偵、登場!小学中級から。(本書あらすじより)

とうとうジュヴナイルを読まされてますよ、えぇマッタク。わしゃいつになれば読みたいものを読めるようになるんじゃ。

関田涙さんはミステリ作家で、メフィスト賞取ってる人らしいです。2006年以降は児童向けをメインに書いているとか。で、その児童向けシリーズのうち「マジカルストーンを探せ!シリーズ」のスピンオフが、この「名探偵 宵宮月乃シリーズ」だということですね。いずれにせよ、読むのはこれが初めてです。

「2時56分の暗号」
「密室から消えた少女」
「あばかれなかったアリバイ」
「南風町の名探偵対決」
「謎の魚拓」

推理パズルを物語に組み込んだ、という感じで、まぁ何と言うか、非常にまっとうかつ王道的なジュヴナイルミステリです。表紙の黒髪の女の子が小学5年生で名探偵の宵宮月乃、ですね。個人的には、スピンオフ続編『名探偵 宵宮月乃 5つの謎』の表紙絵の方が断然かわいいと思います。その後ろにいる子が、頭より体を使う方が得意な朝岡日向で、日向の一人称により物語が進められます。この日向ちゃんがめちゃくちゃ女の子言葉を使っているのは、なんか違和感を感じないでもないですが……。

「吠えなかった犬の謎」のような超基本的な要素がちょっとだけ使われているため、ミステリ読み始めの人向きかなぁ……と思いきや、第4話「南町町の名探偵対決」で、ある種(小学生向きとは思えない)度肝を抜かれるトリックを作者が仕掛けてきます。いやはや、これはちょっとビックリしました。原則的には子供向けですが、子供向けなりに、一話一話しっかり作っているな、という印象です(「あばかれなかったアリバイ」とかはちょっとムリヤリですが)。
ちなみにプロローグ・エピローグで解かれる事件は、なぜか分かりませんが急に雰囲気が大人向けっぽくなります。うぅむ、なぜだ。こちらには結構感心しました。
キャラ付けなどは、登場する人たちがほとんど元シリーズからのゲストなので、あまり筆は割かれていません。自分は元のシリーズを読んでいないので分かりませんが、おそらくそっちを読んでいる人にとっては、毎話のように懐かしいゲストキャラが出てくるので、ずいぶん楽しく読めるのではないでしょうか。

なお、後書きでは1つクイズが出題されています。わ、分からない……。巻末クイズはこのシリーズ恒例なのかな?

というわけで……というわけでって、特にまとめる必要も感じませんけど(笑)まぁ、大人が読むに耐えるジュヴナイルミステリが他にいろいろとあることを考えると、あくまで子供向けの作品、でしょうね、たぶん。

書 名:名探偵 宵宮月乃 5つの事件
著 者:関田涙
出版社:講談社
    青い鳥文庫 261-5
出版年:2008.12.15 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/784-d49f25dd