……というわけで、愛知に来てしまいましたー。高速バスで6時間。前回(6月)もそんなもんでした。前回は夜行だったけど。
このゼミというか、フィールドワークの参加者は総勢16人。手頃な人数です。手頃というのがどういう意味かは分かりませんが。そして野郎ばっかり。なぜだ。


せっかく名古屋で降りたわけですから、集合場所の尾張瀬戸駅に行く途中、上前津という駅周辺の古本屋さんを閉店時間前にざざっと見てきました。海星堂書店、三松堂書店、つたや書店です。
いやー、もう、海星堂書店はやばかったです。ミステリは文庫・ポケミス問わずまぁまぁの量、しかも安い!あれも安い!これも安い!うぉぉぉぉぉ、荷物がなければ買いまくるところなのに……。ポケミス『ユダの窓』の初版(1954年)が、何とカバー付き、しかも黄色いのに800円!美品にもほどがあるだろこんにゃろ。
結局抑えて、創元推理文庫『ミニ・ミステリ傑作選』を100円で購入。サークルの企画上探していたものです。うぐぐ、もっと買いたかったよぅ。

三松堂書店もミステリに強いという噂でしたが、まぁポケミスがいくつかあるのみ。つたや書店は通りすがりでちらっと見ただけ。ついでに大曽根のブックオフものぞきましたが、やはり収穫なし。合計1冊でした。よかったよかった、バッグが限界じゃ。
あと、六番町駅に若葉書店とかいうミステリに強い店があるらしいんですが、そんな時間もないので行けませんでした。うーむ、もう来ないって……。


昨日、図書館で借りてきたDVD、ガイ・リッチー監督『シャーロック・ホームズ』を見ました。ロバート・ダウニーJr.のホームズと、ジュードロのワトソンが意外にはまり役です。ってかジュードロかっこいい。全身からかっこいいオーラが出てます、相変わらず。ワトソンの待遇が良いと嬉しい自分。
というか、予想を超える面白さでした。ユーモアとアクションと推理のバランスが絶妙。エンタメとしてはかなり良作かと。次作は映画館で見るかなぁ。


フレッド・ヴァルガス『裏返しの男』読了です。ちょっと急いで読まなきゃいけなかったので。あ、今タイトルの意味に気付いた。ってかタイトルを意識した。
相変わらず面白いですねー。ただ、個人的には『青チョークの男』の方が良かったです。アダムスベルグには都会が似合います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/771-e2bbb480