ちょっとここんとこ忙しくなってしまいました。実は地元でお葬式があったりして。成人式で会ったばかりの人の死というのは、なかなか受け入れがたいものですね。


今日、某ハイソなエリアにあるイタリア語の先生のお宅にお邪魔してきました。目的は、表向きはイタリア旅行の計画相談、裏向きは自宅観光旅行です。クラスな何人かがぞろぞろと、総勢8人。勝手に独身貴族だと決めてかかっていたら、まさかの奥さん登場で慌てふためく学生たち(笑)
いやまぁ、具体的な描写は控えますが、うん、予想以上にゴージャスで度肝を抜かれました。いやまったくねぇ、これを知ると文字通り見る目が変わってしまう……。
地下に書庫があったんですよ。皆で降りてったもんだから詰まっちゃって最初の方しか見れませんでしたが、ちらっと見たらカー『不可能犯罪捜査課』がっ。うぅむ、何でも読んどるのなぁ。探したらもっと掘り出し物のミステリがあったんじゃな(殴

せっかくなので、通りすがりの祖師谷大蔵駅&代々木上原駅周辺の古本屋さんをダッシュで駆け巡って来ました。が、祖師谷大蔵のツヅキ堂書店・文成堂書店・ブックオフ、代々木上原のLos Papelotes・マコト書房、いずれも欲しいのは見つからず。Los Papelotesはめちゃくちゃオサレな良いとこでした。いるとウワサのワンちゃんがいなかった……。
古本なるべく買わないつもりではいたんですが、うぅむ、こうなると何だか不満足感が……。明後日、古本の聖地のごとし高円寺と西荻窪制覇をする予定なので、まぁたぶん大丈夫ですが。


で、目下のところ、国内ミステリをやたらと盛んに読む羽目に陥っています。7月から1冊も読んでいなかったのに、なんたる屈辱……(いやいや)。何だかなぁ、読みたくないのを読まされるのっていかがなものか。
というわけで、青井夏海『赤ちゃんをさがせ』、沢村浩輔『インディアン・サマー騒動記』をひとまず読了。『赤ちゃんをさがせ』の「とんでもない共通点」、頼むから誰か教えてください。
3日間で2冊って……やっぱり国内作家は読みやすいです。読みやすすぎてムカつく。残り、国内ミステリが6つ、再読2つ、海外長編が3つ……くらい。うぅ、これを1カ月でやれと……クイーン強化月間だったのに。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/762-cf3f6df8