「レインボウズ・エンド」亭の大いなる幻影
『「レインボウズ・エンド」亭の大いなる幻影』マーサ・グライムズ(文春文庫)

朝靄にけぶる古代遺蹟の穴ぼこで息絶えていた女性、そして別の日、別の町でさらに二人の女性が急死した。一見なんの関連もなさそうな三人の死を結ぶ一本の線が――三人とも同じ時期にアメリカのある町にいたのだ。魅惑の地ニューメキシコのサンタフェである。それだけの幻のような線をたぐり、ジュリー警視はふたたび海を渡る。(本書あらすじより)

ついに既訳のグライムズ作品は全て読んでしまいました……うぅ、悲しいなぁ。2010年の上半期は、ホント、むさぼるように次々とシリーズを読んでいったものです。近いうちに、「マーサ・グライムズ入門」的な記事をブログに書こうかな、と思います。もちろん、生きているうちに続編を日本語で読むという野望への第一歩。

あ、グライムズ先生は、先日、2012年度MWA巨匠賞を受賞されました。イギリスでは相変わらず散々な評価らしいですが、これからも頑張ってほしいもんです。

と、散々盛り上げましたが、この作品で翻訳が打ち止めになった理由は分からないでもないんですよね。というのも、この『レインボウズ・エンド』は、完全にシリーズファン向けの作品なんです。
そもそも『「乗ってきた馬」亭の再開』の続編ですし(といっても、完全に忘れていても大丈夫でしたが)、今までの作品に出てきたキャラクターがやたらたくさん出てきます。『「鎮痛磁気ネックレス」亭』とか、『「酔いどれ家鴨」亭』とか、『「五つの骨と貝殻骨」亭』とか、『「古き沈黙」亭』とか、『「老いぼれ腰抜け」亭』とかの懐かしき登場人物がちらほらと。セリフでちらっと『「エルサレム」亭』も出ていましたね。別に知らなくても大丈夫なんですが,いちいち誰だったか調べてしまいました。ここまでやらなくてもいいんじゃないかと思いますが。

この作品、660ページとシリーズ最長ですが、その長いわけは上記の人達がちょこちょこ絡んでくるせいだと言い切って良い思います。実質的に事件が動き出すのは300ページ経ってからで、それまでも一応伏線は張っていましたが、アメリカに行くまでがいくら何でも長過ぎます。

そしてなお悪いことに、ミステリとしての出来がイマイチなんですよねー。分類としてはハウダニット物でしょう(なんとなく、セイヤーズの『毒を食らわば』を思い出しました)。そして思うんですが、こう、不自然な死亡というか、毒殺か何だか分かんない、みたいな事件って、結局読者は置いてけぼりになっちゃうことが多いじゃないですか。そんなもん分かるかっつーの、みたいな。ミステリとしての面白さは、いかんせん小さくなっちゃうわけですよ。ちなみに犯人と動機に関しては、いくら何でも作者さんサボり過ぎです。

というわけで、シリーズファンの自分としては楽しく読めましたが、ちょっと他よりは落ちるかなぁと言ったところ。平凡と言うか。前作とあわせて、この「アメリカシリーズ」(命名自分)は、グライムズがわざわざ本拠地アメリカを舞台にしたせいで失敗してしまったという気がします。

さて、実は次次作の"The Stargazey"が、机の中に放り込まれています。いつぞや勢いで取り寄せで買っちゃったんですね、これが。そして3ページで挫折したんでしたっけね、確か。原書の壁は高い。どうしよう……。

書 名:「レインボウズ・エンド」亭の大いなる幻影(1995)
著 者:マーサ・グライムズ
出版社:文藝春秋
    文春文庫 ク-1-14
出版年:1998.8.10 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/741-591a30c5