とある理由により、今日の紅白が楽しみなTYです。むっふっふ。帰省してて良かった(テレビがあるー)。同じ高校の人は、ラスト30分、白組に刮目せよ。


いよいよ大晦日ですね。今年1年もいろいろ……ありましたけど、なんかメインイベントは全部前半に集中していたよーな。そんなもんです。

さっきも言いましたが、帰省してるので、テレビが見られるんですね、これが。サラリーマンNEOとか(笑)シーズン6の総集編は面白かったんですが、昨日のTVマンNEO(だっけ?)は……ちょっとらしくない。やっぱりネオは長編より短編です。
以前みたいな、スタッフさんの笑い声を入れる演出はもうないんでしょうか。あれが大好きだったのに。アドリブもふんだんに入ったりしてね。赤版、青版、シーズン1はホント傑作。


で、帰省しているということは、ミニコンポがないわけで、音楽があんまり聞けないわけですよ。最近あんまり聞いてないのに、ないと聞きたくてしょーがないのはどういうわけか。
今欲しいのは、Dream Theaterのまだ持ってないやつ(半分くらいあるけど。あ、新譜の感想をまだ載せてない……あれ、正直つまんなかったんだよなぁ)、Korpiklaani(フォークメタル、かなり意味不明)、Avantasia(1つしか持ってない)、そんでもってShadow Gallery(プログレッシブメタル)です。YouTubeで聞いた感じだと、Shadow Galleryがめっちゃ良さ気なんですよー。新年に買おうかな、調子に乗って。


ジム・ケリー『水時計』、読了です。いやはや、こりゃすごい。1年の最後にいいもんを読ませて頂きました。間違いなく星5つ。感想は……まあ新年に。

……あ。

実はですねぇ、31日の正午ちょうどに、自動で今年読んだミステリ・ベスト10の記事がアップされるようになってるんですよ。もちろん作ったのはパソコンが手元にあった22日。もうあと10日で、ランキング入りするのは読まねぇだらう、と楽観視(悲観視?)してたんですが、こりゃちょっと順位変更です。うーむ、どーしよう。
1日に帰るので、2日までにはランキングの記事を直します。で、いいかな?


今年はもう本を買わないぞー!と思ってましたが、昨日あっさり破られました。もうあと2ヶ月は、古本は買いません。積ん読処理に努めます。ホントです。

【紀伊國屋書店高松店】
◇天藤真『死角に消えた殺人者』

いつも見ているサイトで、日本のミステリのベスト10に入る、と言われていたので。Amazonでは絶版ですが、まだ一部書店で在庫がある模様。日本人作家とか久しぶりやー。まだ本棚に10冊もないよ。

【リバー書房】
◇J・J・マリック『ギデオンの一日』(ポケミス)
◇レックス・スタウト『毒蛇』(HM文庫)

リバー書房には、ポケミスとか、まあまあ珍しいミステリの文庫とか、かなり多くのミステリ評論がありました。値段は高めです。
店主のおじさんが、ちょっと、いやかなり感じ悪かったです。まさに古本屋ぁ!って感じ。いえ、Amazonでいくらかなー、図書館にあるかなー、って携帯電話をいじくってる自分がちょっと感じ悪いのは分かります。分かりますけど、何も支払いの時に「ケータイいじるなら本見るな」みたいなこと言わなくても、え、いいじゃあーりませんか。
「いや、持ってたかどうか、ダブらないようにチェックしてたんですよー」
「ああ、確かにポケミスとか大変だな」
はっはっはー
みたいな空気に何とかなりましたけど、えぇいなんか腹が立つ。それぞれ600円で、あわせて1000円に値切ってもらおうかなー、と無茶な妄想をしてたんですが(値引き交渉したことないのに)、普通にそういう空気じゃなかったですね、うん。


それでは皆さん、一年間ありがとうございました。来年も、気まますぎる駄ブログですがお付き合い下さい。よいお年を!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/733-aef158cf