メリークリスマス!


サンタさんが来たのは、中2まででしたねぇ。翌年、「今年はサンタさん来なくていいよね」というショーゲキ的な発言が親から出て、以後数年間、プレゼントは手渡しになり、サンタは消滅しました。うっうっ。
いや、だって朝起きてプレゼントを”発見”する方が、どう考えても嬉しいじゃないですか。手渡しなんて、根も葉も身も蓋もユメもキボーも無い(全く同じ展開が大学の友達にもあって、「分かっていてもサンタは来るべきだ」という結論になりました)。

一度、サンタクロースに手紙を書いて枕元に置いて、ついでにチョコレートも置いておいたら、翌朝手紙とチョコは消え去り、ほんでもって何か文字の書いた手紙が代わりにあり、弟共々感動したものです。しかも手紙は、英語ではない謎の言語!ま、まさかフィンランドとかスウェーデンとか、なんかそっちの言葉かも!とテンションが上がりましたが、よく考えると、当時英語を知らない自分が、なにゆえその言語を”英語じゃない”と判断出来たのか、はなはだ胡散臭いものがあります。

ちなみに自分が今までサンタクロースルから受け取ったプレゼントで、一番驚いたのは自転車でした。目が覚めると、なんと枕元にプレゼントが……なく、隣で寝ていた弟の枕のそばには、ちゃんとゲームボーイのソフトらしき紙包みが置いてあるわけですよ。パニクって部屋を出て、さらに隣の部屋に入ると、窓の前、新聞紙を敷いた上、自転車がドーン!と。
そのマウンテンバイクは、マウンテンバイクくらいの大きさだったもんで、うっわぁ、コレ、玄関通らないくらい大きいのに、どうやって中に入れたんだろう、やっぱり窓(結構でかい。ちなみにうちは当時3階でした)から入れたのかなぁ、ってことはやっぱりサンタは窓から入って来たんだ!飛んでる!トナカイか!という分析結果が出ました。
……ですが、その自転車を自分は乗り回したわけで、別に窓から下ろすという無茶をしたわけでもないと言うことは、結局自転車は玄関を通ったんでしょうね、たぶん。


今日、もろもろの事情から、賞味期限が今年の5月のコンビニのおにぎりを二つ食べました。いえ、もちろん冷凍されていたものですよ。
解凍したところ、おにぎりの下2つのコーナーが、何やら干し飯みたいになっとるじゃないですか。冷凍庫中で、冷気がおにぎりの包みの隙間から侵入し、一番外気に近いスミを攻撃したものと思われます。ちなみにマズいです。鮭より昆布の方がマズかったです。今後のご参考までに。


現在、マーティン・ウォーカー『緋色の十字章』を読書中。今のところ面白いです。
『おやすみなさい、ホームズさん』の感想は……頑張って明日にはアップします。たぶん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/728-9998c126