ジャンピング・ジェニイ
『ジャンピング・ジェニイ』アントニイ・バークリー(創元推理文庫)

屋上の絞首台に吊された縛り首の女――小説家ストラットンが〈殺人者と犠牲者〉パーティの余興に用意した悪趣味な藁人形だ。ロジャー・シェリンガムは、有名な殺人者の仮装をまとって談笑する男女を観察するうち、強烈な自己顕示欲と傍迷惑な行動で周囲から忌み嫌われている、ストラットンの義妹イーナに注目する。そしてパーティも終わりに近づいた頃、絞首台には藁人形の代わりに、なんと本物の死体がぶらさがっていた。一見、自殺と思われる状況に疑問を抱いたシェリンガムは、独自の捜査に乗り出すが……。探偵小説黄金期の雄・バークリーの才が遺憾なく発揮された出色の傑作。(本書あらすじより)


かっなーり世評の高いバークリーの代表作です。自分の印象では、『毒チョコ』『第二の銃声』『ジャンピング・ジェニイ』が彼のトップ3として語られることが多いような気がします。さてさて果たして結果は?

うーん、困った、というのが正直な感想、でしょうか。うーん。
いや、確かにこれは面白いです。最初から最後まで相当ノリノリで読んでしまいました。このぐっちゃぐちゃな状況に収拾を付けられるバークリーの手腕は文句なしにすごいですし、本書はまぎれもなく傑作です。こういう作品は嫌いではないです。
……が、何というのかなぁ、手放しで褒められないんですよ。完全に好みの問題ですけど、たぶん自分は、こう、やったことがどんどん裏目に出ていくような、墓穴を掘るというんですか、その手のコメディがちょっと苦手なんです。TSUTAYAでコメディ映画を借りてきても、こう主人公が墓穴を掘ってのっぴきならない状態に追い込まれる、みたいなシチュエーションがダメだったり。

まあとにかく、『ジャンピング・ジェニイ』はコメディです。少なくとも、ある程度のミステリを読んできた人にとっては、これはもうギャグでしかありません(ところで解説で川出さんが、ミステリ初心者にも「取っつきやすい作品」だと本書を紹介していますが、それはちょっとどうなんでしょうか)。ネタバレなしで言うのはなかなか難しいですが、この作品、まずそもそも序盤で読者は盛大に本格ミステリの枠から突き放され、中盤は既存の「探偵」の存在から逸脱した探偵の活躍を延々と見せつけられ、終盤でこれでもかとミステリをパロったあげく、最後の最後に、あ、これはやはり(ある意味では)本格ミステリだったのか!と持ってくる、という構造です。

ところで、これは『アクロイド殺し』なども同じ問題を抱えていると思いますが、作者が読者にあるトリックをしかける上で避けがたい、うさんくさい叙述、というのがあります。というか、そうですね、ミステリ読みにとってはうさんくさい叙述、というのがあるわけです。それを考えると、みんながみんな、最後の最後の展開に素直に驚くわけではないと思うんですよ。「むむ、しかしこれは、どうせ何かあんだな」という気持ちで読み進めている方が結構いるような気がします。で、これがちょっとしたネックになっていると思うんですよ。少なくとも、最後の章をなくしてもこのお話に何の問題もないし、むしろその方がいいんでないか、と、ついつい思ってしまいます(最後素直に驚いた方にとってはそんなことないと思いますが。というか、この手のひっかけに常にひっかかってしまう自分としては、ちょっと珍しい状況)。


と、ちょっと否定的な意見を述べてしまいましたが、自分はこの作品は好きですし、間違いなく傑作だと思いますので、読んで損するということはありません。あくまでその、個人的な墓穴を掘る展開の好き嫌いの話です(笑)そういう展開が苦手とか言っておきながら、終盤のシェリンガムの暴走なんか、読みながら楽しくってしょうがありませんでした。こういうネタをミステリとしてきちんと完成出来てしまうことからみても、やはりバークリーは天才なんだなぁ、としみじみ思うのでした。
とは言え、個人的には『試行錯誤』が現状では1位なのは変わりません。次は『第二の銃声』ですね。どうなることか。

ちなみに全編ブラックユーモアにあふれていますが、自分が一番面白いと思ったのは、15章1の最後のあたり(文庫版で言うと324ページ)にある、「もう一つ運が……」というやつです。こういうとこに自分は妙に弱い。

書 名:ジャンピング・ジェニイ(1933)
著 者:アントニイ・バークリー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mハ-3-6
出版年:2009.10.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/709-13f3420f