木曜日から授業が始まりましたが、いやはや、久しぶりに通うと疲れますね。早く慣れないといけません。


金曜日・土曜日と、お笑い関係のイベントがありました。
まず金曜日ですが、土浦市で特撰落語会というのがありました。メンバーの割に安め。出演順は以下の通りです。

~18:45 オープニングトーク
~19:00 開口一番(前座)「転失気」
~19:30 柳家花緑「目黒のさんま」
~19:45 お中入り(休憩タイム)
~20:15 サンドウィッチマン(漫才&コント)
~20:45 6代目三遊亭円楽(元・楽太郎)「一文笛(桂米朝作)」

もちろん円楽が目玉です。いずれも生で見るのは初めて……なはず。

前座さんは、まぁやはり前座さんでした。ちなみに今まで聞いた中で一番上手い「転失気」は、3代目三遊亭金馬のものだと思います(小僧さんが出て来ると金馬は無敵)。

柳家花緑の「目黒のさんま」はかなり面白かったです。「目黒のさんま」って、ベタなネタな割に意外に笑わせるのが難しいですよね。40才ですからまだまだ若い方で、テンポ良く笑いをとっていました。

サンドウィッチマンを面白いと思ったことは今まで一度もないんですが、結構楽しめました。まぁやはり、ライブ会場では周りが笑ってるだけで笑いやすくなりますし。やっぱりコントは普通でしたが。

三遊亭円楽は聞くのは初めてでしたが、まぁベタに上手い落語家、といったところでしょうね。トークで笑わせるのも上手いですし。ただ、「一文笛」(初めて聞いたネタ)はあまり合わないんじゃないかと思います。これって泣かせるネタだと思うんですが、あんまりしんみりともジーンとも来ませんでした。話のタイミングの問題でしょうか。


帰りに土浦真鍋のブックオフに寄って来ました。購入したのは以下の通り。

◇エラリー・クイーン『災厄の町』
◇エラリー・クイーン『緋文字』

この間来た時は『スペイン岬』もあったはずだけど……まぁ、ハヤカワ版じゃないので読みたかったので構いませんが。


で、今日は大学の落研の有志メンバーによるコント集団ナナペーハー(どういう意味だ?7pH?中性?)の公演「竹やりでとつげき」がありまして。いやー、楽しめました。シュール系から爆笑系まで多岐にわたっています。特に「ハンド・オブ・マウンテン」、あのネタはヤバいです。爆笑必須。あれを見るためだけでも行く価値はあります。
日曜日も7時からやるみたいなので、興味がある方はぜひ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/678-10ed7ff0