『夏目友人帳 肆』の製作が決定したみたいですね!2012年1月だとか。いやぁ、これは嬉しいですねぇ。深夜アニメで4期ってすごくないですか。ってか、「肆」って「四」のことなんですか。初めて知りました……。
3期はちょっとおとなしめの作品が多いですね。もっと泣けるのが見たい~。


昨日、竹久夢路の生家とやらに行きました。夢路は美人画を書く人らしいですけど、まぁTYは日本画に疎いですし……。しかも、竹久夢路は存命中は大衆的な人気が先行し、芸術家としての評価は低かったようですからね。日本史の教科書にもあまり載らないんでしょう。
常々思うんですが、美人画って、当時の人には美人に見えたんでしょうが、今見たらやっぱり見えないんですよねぇ。


さて、万歩書店という古本屋チェーン店をご存知でしょうか?って、自分も昨日初めて知ったんですが……。岡山県内にのみある大型古本屋です。
で、昨日行ったんですが……いやいや、びっくりしました。万歩書店と比べれば、ブックオフなんかカスみたいなもんです。というかカスです。んもう、信じられない蔵書量なんですよ。ありとあらゆるジャンルの本がありましたね。文字通り本の魔窟。ミステリは、文庫も1950年代みたいなものまでありましたし、ポケミスも100番台の初版とかありましたね。聞くところによると、江戸時代の本もあるとか。新しい本だって大量にありますが。

購入リスト
◇アーサー・アップフィールド『ボニーと警官殺し』
◇クリスチアナ・ブランド『緑は危険』
◇ジョイス・ポーター『ドーヴァー⑧/人質』

アップフィールドは1つしか読んでいません。ちょっと期待外れだったので再挑戦です。
ブランドも1つしか読んでいません。なかなか古本屋で見かけないんですよね。って『緑は危険』は新刊で買えたんでした。
ポーターは……えぇと、5つめですか。『人質』はシリーズの異色作で、出来はイマイチというウワサですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/671-3c7b743c