いやはや、どうも最近更新が滞って。今日でテストが終わるので、ようやく時間が取れそうです。日記は頑張ります。ちょっと前に読み終わってたポーの(無駄に長い)感想文もやっとアップ出来ました。本も今日からぼちぼち読めるはず。


日曜日:プールに行きましたが、正直行く度に体力の衰えを切実に感じます。1時間もたなくなってるとかどういう事態ですか。
2つ下の友達(高3)が、関東大会が終わったせいか来てませんでした。うぅむ、来週来るかなぁ。辞めたとかじゃないといいんだけど。


月曜日:歴史1の試験がありました。テスト勉強をやったわけですが、その間にネット上で、めちゃめちゃ面白くローマ史を説明しているサイトを見つけてしまいました。歴代のローマ皇帝が楽しすぎる。88歳まで生きたガイセリックは、何だかゲルマン人の中で最強のような気がします。ってかだったら、『ローマ人の物語』を早く読まないと。


火曜日:社会1とイタリア語と地域世界論。数が多くてややピンチ。地域世界論に限っては火曜日の朝になってもまだ手を付けてないという。午後に3時間で何とか終わりましたが。まぁこの授業楽しくて好きなんですけどね。


水曜日:特に何にもありません。


木曜日:情報のテスト。ってか情報って今さら何だよ、午後3時からって何なんだコラ、とか思いながら現在大学に向けて驀進中。


「翻訳ミステリー大賞シンジケート」での霜月さんの感想文で、『パーカー・パイン登場』がついに来ましたね。この前半6作品が、んもぅ大好きなんですよ。「大金持ちの婦人の事件」の感動はやばいです。
確か小学生の時に、岩崎書店のジュブナイル版「アガサ・クリスティー探偵名作集」の『金持ちの未亡人事件』を読んでパインを知ったんですよ。それ以来小中とそれを何回も読みました。3つしか入っていなかったので、クリスティー文庫版を手に取った時は「おぉ、12も!!」と思ったはず。で、前半6つでひたすらテンションが上がり、後半6つで「何この普通の殺人事件……」とかなりがっかりしましたね。いやべつにつまらんわけじゃないんですが。

ちなみにパーカー・パイン物の短編の中で、事務所にいないやつでは、何に収録されてるか忘れましたが「レガッタ・デーの事件」(だっけ?)はかなり面白かった覚えがあります。


親がチャリティの本を買って来てくれて、そいつをタダで貰いました。

○エドガー・アラン・ポー『ポー名作集』
この中公文庫の短編集の存在は知りませんでした。ミステリ5つが同時収録(これしかないんじゃない?)に加え、「黒猫」「アッシャー家の崩壊」など有名所ばかり。しかも丸谷才一訳。
といっても、いくら訳者が違うとはいえポーは読んだばかりなので、当分ほっときます。

○ラーメンズ『ラーメンズ つくるひと デコ』
対談集……みたいなもの、みたい。これを買ってきた経緯については、誤解に満ちたなっがーい理由があるんですが、ここでは割愛。まぁラーメンズ好きだしいいでしょう。



30日に高校2年生の時のクラス会があるみたいですね。うーん、どーしよっかなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/647-32efde45