黄色い部屋の謎
『黄色い部屋の謎』ガストン・ルルー(創元推理文庫)

フランス有数の頭脳、スタンガースン博士が住むグランディエ城の離れにある一室で、世にも恐ろしい惨劇は起きた。内部から完全に密閉された“黄色い部屋”から響く女性の悲鳴。ドアをこわして救援に駆けつけた者たちが目にしたのは、荒らされた室内と、血の海の中に倒れた博士の娘マチルドの姿だけ・・・・・・令嬢を襲った憎むべき犯人はどこへ消えたのか?この驚くべき密室の謎と、その後も続発する怪事件に叡智を持って挑むのは、弱冠18歳の新聞記者ルールタビーユ。密室ミステリの金字塔にして、世界ベストテンの上位に名を連ねる、名作中の名作。(本書あらすじより)

今さら読むのが恥ずかしい。海外ミステリ読みとしてどーなんだこらっ。いや、そんな本ばっかりなんですけどね。『黄色い部屋の謎』と言えば、あらゆるミステリランキングにランクインし、人によってはフランス唯一の長編本格ミステリだなんて言ってしまうし(それじゃメグレ警視がかわいそう)。史上最初の密室長編本格ミステリだと書いているのも時々見かけますが、正確にはザングウィル『ビッグ・ボウの殺人』でしょう(中編だと言う人もいるみたいだけど、文庫で200ページありゃ十分ではないかと)。


というわけで、いざ読んでみましたが、まぁトリックはちょっと肩すかしですし、動機はこの頃にありがちなやっつけです。続編にちょこっと謎を引っ張るというセコい手も使っています。しかも、江戸川乱歩のくそったれ(ごめんなさい)のせいでTYは犯人を知っていたというおまけ付き。

が、ですよ、読んでいてめちゃくちゃ楽しめました。推理小説云々以前に、物語としての完成度が非常に高いんです。正直なところ、ここまでリーダビリティの高い作品だとは思ってもみませんでした。登場人物は一人一人が魅力的で、主人公ルールタビーユのかっこつけもなかなか好感が持てます。次々と謎を提示していくという飽きさせない展開も良いですね。最後の法廷の場面なんか、ここまで盛り上げてどうするという盛り上がりっぷり。そしてこの大時代めいた雰囲気が何とも言えません(あくまで100年前の世界らしさを漂わせつつ、宮崎嶺雄さんの名訳により、古臭さが全く感じられません)。つまり、『黄色い部屋の謎』は、極上のエンターテイメント作品だったわけです。

探偵役のルールタビーユというのは、おそらく推理小説史上稀にみる天才探偵です。彼にかかればどんな謎も一晩考えれば解けてしまうのです。理性の働きとやらで考えれば、あらゆる密室・不可能状況もすぐに分かってしまうのです。そんなむちゃくちゃな。理性理性と連呼するところ、さすが理性理性連呼して革命を起こしたフランス人なだけはあります。ちなみに彼は18歳という設定らしいですが、もうちっと大人びた印象がありますね。

肝心の密室トリックですが、ちょっとこれは……あんまりいただけませんでしたね。これだけ堅牢な密室を用意し、ポーの『モルグ街』とドイルの『まだらの紐』をこれだけ批判したため、こういうトリックになったのかなぁという気がします(この両作品についてはネタバレが作中にあります。あらかじめご注意ください)。謎は全部で3つあり、1つ目がこの密室、2つ目が同じく犯人の消失、3つ目がやはり犯人の消失&殺害方法の謎、です。2つ目については、自分が犯人を知っていたため一目瞭然だったというのもありますが、読者は結構見抜けるんじゃないでしょうか(これに関しては、「金田一少年の事件簿」のある作品との類似点について追記で書きます)。3つ目の謎は、いくらなんでもせこい気がします。しかしまぁ、トリックに関してはあまりごちゃごちゃ言うべきではないのかもしれません。発表当時、とんでもない反響を起こしたことは想像に難くありません。今だって、読んでみてそこまで悪くないですからね。

ちなみに最大の謎は、なぜ「黄色い部屋」が黄色いのかということです。意味は全くありません(笑)それと、この創元推理文庫版の新版の表紙の左端が、ひっじょーに気になります。このデザイン何の意味があるの?


まぁとにかく、読んで損のない一冊だと思います。書かれたの100年前だーとか、訳が50年前だ―とか、そこらへんを気にする必要はゼロです。ミステリ初心者にはぜひ手にとって欲しい作品、かな。

書 名:黄色い部屋の謎(1907)
著 者:ガストン・ルルー
出版社:東京創元社
    創元推理文庫 Mル-2-1
出版年:1965.6.21 初版
    2004.3.12 74版
    2008.1.31 新版初版

評価★★★★☆

【※以下、本作品、および、「金田一少年の事件簿」『オペラ座館殺人事件』に関しての一部ネタバレを含みます。未読の方はご注意下さい】




























【※以下、本作品、および、「金田一少年の事件簿」『オペラ座館殺人事件』に関しての一部ネタバレを含みます。未読の方はご注意下さい】
以下文字反転
2つ目の謎に関してですが、犯人が廊下から消えた方法というのは、まぁ良く使われる手ではありますよね。TYが真っ先に思い出したのは『オペラ座館殺人事件』だったわけですが、金田一少年の原作者はどこまで意識していたのでしょうか。
……と考えるまでもなく、類似点が多すぎます。変装を取っ払い振り返りぶつかる、と全く同じなうえ、なにしろ『オペラ座館』の犯人は『オペラ座の怪人』のファントムを名乗っているわけですよね。そして周知の通り、『オペラ座の怪人』の原作者は、ガストン・ルルーなのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/636-a4eda5c8