前回までのあらすじ。真犯人によって絶壁に追い詰められたハーヴァード博士。不敵に笑った犯人は、32口径のピストルを取り出し、銃口を博士に向けた。「あばよ、探偵さん」という言葉とともに銃声が鳴り響く。だが、神懸かった素早さで弾丸を避けた博士は、犯人を一発のパンチでのしてしまった。そう、博士は、あの身に付けると崖っぷちで不死身になると言われる伝説のスキル、'バリツ'を使ったのだ。



今日、全イタリア語クラスの合同コンパだったんですけど……。

うーん……うちのクラスは、何と言うかまったりしてるんですよ。ところがその、別のイタリア語クラスは、何か飲め飲めな空気オンリーというか。うちのクラスの人達の大半はイッキコールにドン引きだし(さすがに強制とかはなかったんだけどさ)。

いやまぁ、これくらいがフツーだったりするんでしょうけどねぇ。自分のクラスで良かったです、いやホント。



さて、明日からまた授業です。あ、で、授業の感想を載せるとか前に言いましたが、あれは後回しということで。一通り授業が終わったらにします。


そういや昨日は、一足先にうちの高校から合格していた元同級生二人に会いました。いやはや、すんごい久しぶりです。そしてまぁ、見た目の変わってること(笑)最初声を聞くまで誰か分からなかったですからねぇ。

というか、もっと会っていてもいいと思うんですけど、現役で受かった知り合いは未だにその二人にしか会ってないんですよ。河合塾で同じだった人も、えぇと、3人しか会っていませんねぇ(昨日一人また会いました……いやその、目が合ったくらいですけど)。どうせなら、機会を見つけて会いたいもんです。



現在、ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』に取り掛かっています。強敵です。モリアーティ教授レベルとはいかなくても、ロンドンで二番目に危険なセバスチャン・モラン大佐くらいのレベルはあります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/576-9a521fcf