機械探偵クリク・ロボット
『機械探偵クリク・ロボット』カミ(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

四角い頭に鋼鉄の身体、チェックのスーツを着こなし、頭には小粋なチロリアン・ハット……古代ギリシャの偉大なる発明家の直系の子孫、ジュール・アルキメデス博士の発明になるクリク・ロボットをご覧ください。事件が起こるや、計算機としての能力を最大限に発揮し、正確無比な方程式を立て、代数学的に謎を解くのです。その冷徹な推理力の前に、解けない謎などこの地球上には存在いたしません。広大な庭園で起きた殺人事件の謎を解く「五つの館の謎」と、有名人の遺体を強奪した悪党団に挑む「パンテオンの誘拐事件」の二大巨篇を一挙収録!(本書あらすじより)


いやはや、これこそユーモアミステリです。

とにかく、クリク・ロボットが面白すぎます。クリクは<手がかりキャプチャー>、<推理バルブ>、<仮説コック>、<短絡推理発見センサー>、<思考推進プロペラ>、<論理タンク>、<誤解ストッパー>、<事実コンデンサー>、<情報混乱防止コイル>、<真相濾過フィルター>、<自動式指紋レコーダー>、<解読ピストン>、<首長潜望鏡>、<鼓膜式録音マイク>、<逃亡阻止用伸縮アーム>、<追走用縞馬ギャロップ>、<空中逮捕のための屋根歩行用スタビライザー>などを兼ね備えた、頭の回転も速けりゃ腕っ節も強い、無敵の探偵です。

登場人物も、どこかはめをはずした変なやつばっかり。アルキメデス博士は、多少嫌味っぽいこれまた頭のいい方で、クリク・ロボットを操り事件を解決に導きます……というか、クリクはレバーとかを操作しないと動いてくれないのね(笑)当時はリモコンとかがなかったんでしょうか……。

この面白さをいっそう盛り上げてくれるのが、カミ本人による挿絵です。いやもう、3ページに1回くらい絵が入ってくるんだから。この絵がまた、へたうまというか、非常に楽しませてくれる絵です。だいたいクリクのイメージなんか、挿絵がなければうまく浮かびません。由緒あるポケミスを挿絵だらけにすることに踏み切ったポケミス担当者の判断は大当たりでした。

忘れちゃならないのが、訳者の高野優さんの奮闘です。なんと、フランス語のダジャレをがんばって日本語のダジャレに変えてらっしゃるんですよね。一部なんかはほとんど表現を差し替えてしまっていますし。こういう訳し方について文句を言う人がいるのは百も承知ですし、いや結構自分もそうだったりしますが、このがんばりは素直に認めたいところです。そうとうなダジャレセンスのある方とお見受けしました(笑)

収録作2編のうち、「五つの館の謎」(1945)は、割と本格的な推理物。このトリックって割と有名ですが、もしかしてこれが初出だったりするのかな?クリクの推理力が生かされる話です。「パンテオンの誘拐事件」(1947)は、逆に推理というよりはクリクが犯人をやっつける話、という側面が強いのかな。どちらも一気に読める軽い中編です。クリク・ロボットのシリーズがこの2つしかないというのは残念ですね。もっと読んでみたかったものです。

まぁ、自分はこういう作品は結構好きなので、どうしても評価が甘めになっちゃう感は否めないですけど、ユーモアミステリ好き、又はバカミス好きなら、必読の一冊かな。カミの作品はもっと手を出してみたいですね。


ちなみに、この作品が勝呂忠が表紙を手掛けた最後のポケミス作品です。これ以降のポケミスの表紙ったら……(以下省略)。

書 名:機械探偵クリク・ロボット(1945,1947)
著 者:カミ(フルネームは、ピエール・ルイ・アドリアン・シャルル・アンリ・カミ)
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1837
出版年:2010.6.15 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/569-c4574164