さて、今日はマーク模試でしたな。公民・地歴・国語・英語・数学・理科……うーむ、受験生はすごいです。この知識が20年後には半減(もっとか?)するのは、なんかやっぱり惜しいですよねぇ。

世界史で○○○○○○の絵が出ていましたが(すみません、事前実施なもので……)、この絵は知りませんでしたねぇ。彼の割と主要な作品みたいですね。うーむ、結構いいなぁ。有名なアレとかアレとかは、なんかぎくしゃくした絵でそんなに好きじゃないんですよね。


ちなみにTYが一番好きな画家はレンブラントです。もうダントツ。フランドル画家は光の使い方が上手いですが、彼はずば抜けて美しく生き生きした絵を描きます。本当です。生き生きしてるんですよ(ここが大事)。

もう一人好きな画家が、マグリットですよ。普通なら彼みたいな空想的な絵は好きじゃないんですが、マグリットは例外です。発想と絵の雰囲気がピッタリというか。美術館で見た、窓ガラスの太陽が割れたやつは面白かったなぁ。一番好きなものはたまに携帯電話の待受にしています。



いつぞや日本史の授業で2月11日がなんの祝日か分からなくてド恥をかいたことがありました。忌まわしき思い出です。みんな散々バカにしやがって……。まぁ、面と向かってバカにされる分には我慢出来ますけど。

で、昨日の日本史の授業、再び自分に同じ質問が(たまたま?)回ってきました。がはは、伊達や酔狂でブログに祝日を書いてたわけじゃないのよ。紀元節と天長節?余裕だぜばっちこーい。


ちなみに授業中、「五・一五事件で犬養毅が殺された」とは論述で書くな、と言われました。いやそりゃまぁ、誰だって違和感を感じる文章ですけど、どこがダメかと聞かれて答えられないのはやっぱり自分としては情けなかったかなぁと。ってそもそもこうは書かないけどさ、うん、と、ちょっとグチりたい。



ちなみに、フェローさんに3、4の論述を持って行くのは本当に常識はずれなんですか?




タイトルの答え:ロンドン・ブリュージュ・ノヴゴロド・ベルゲン
ベルゲンはノルウェーにあります。ベルギーとは関係なし。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/504-d19b0685