見えないグリーン
『見えないグリーン』ジョン・スラデック(ハヤカワミステリ文庫)

ミステリ好きの集まり<素人探偵会>が35年ぶりに再会を期した途端、メンバーのひとりである老人が不審な死を遂げた。現場はトイレという密室――名探偵サッカレイ・フィンの推理を嘲笑うかのように、姿なき殺人鬼がメンバーたちを次々と襲う。あらゆるジャンルとタブーを超越したSF・ミステリ界随一の奇才が密室不可能犯罪に真っ向勝負!本格ファンをうならせる奇想天外なトリックとは?(本書あらすじより)


初スラデックです。この名探偵サッカレイ・フィン登場作品は、ポケミス『黒い霊気』&奇想コレクション『蒸気駆動の少年』の2篇だそうです。うぅん、読んでみたいですね。とにかく、読んでみたいと思わせらるほどなかなかの出来でした。


とにかくあらすじにもある通り、有名なのが「トイレの密室」です。他にも事件が起きますが、これ具体的に件数言ったら一種のネタバレなんじゃないかと思いますが解説さん。鮎川・法月さん、両方の解説とも、いやいや書きすぎやんと思うので、先に読まない方がいいと思います。お二人ともいい内容なんですけどね(法月さんの解説は特に良い)。

って話がそれた。トイレのトリックは確かに面白かったです。小説というより、金田一やコナン的なトリックである気もしますが。読んでて「やめぃこのバカミスが」なんては思いませんでしたよ、うん。
しかしこの事件に関しては動機が最も秀逸であると思いました。指摘されれば伏線が一杯出てくるわでその通りですが、読んでて全然気付きませんでしたからね。こういう論理展開は大好きです。ちなみに最後の謎解きシーンはよく書けてたと思います。ちょっと証拠が弱い気はするけど

さらに読んでて、「あ、これクリスティじゃん!」的なトリックがありましたねぇ。まぁ今ではあちこちで使われとるようですが。読めば分かります。作者もこれを意識しているのか(作中でもクリスティの名前が出て来たしね)、あんまりそこを強調していなく見えるのは私だけでしょうか(笑)


しかし、トリックとか抜きにしても、この小説は十分面白い。1977年刊とは思えないクラシカルな淡々とした事件の進行はやっぱり良く、本格ファンなら必ず好む感じ。一方で、黄金時代は過ぎ去ったのさと言われる主人公である私立探偵サッカレイ・フィンや、やたらと小説的な展開を期待する登場人物、戯画的に描かれる事件描写も魅力的です。「あとはカナダに行ってたいとこがいれば~」みたいなセリフは個人的にバカ受けしました。いとこじゃなくておじさんだっけ?


ひとつ残念なのが、色に関する事件です。ちなみにこの色は、フィンの説明にある理由だけではなく、もうひとつ大事な意味がある気がしました(説明したらもろネタバレだけど)。どうせだったら、7色の指すものがぐるっと一周してれば良かったのに。まぁ作者本人がこの点を特に意識してないみたいだし。

ついでにサー・フィッチについてですが、これはもっと頑張るべきでした。


とにかくクセのない良質ミステリですので、海外本格ミステリファンはぜひ読むべき一冊。これが面白くなかった人は、そもそもクラシックな探偵小説も好きになれないんじゃないかなという気もしますが、どうでしょうか?

書 名:見えないグリーン(1977)
著 者:ジョン・スラデック
出版社:早川書房
    ハヤカワ・ミステリ文庫 103-2
出版年:2008.9.15 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/471-bd5a3509