個人的に、世界史で最もかわいそうだなと思う一人がイギリス人のロバート・スコットです。世界初の南極点到達をノルウェーのアムンゼンと争い、ルートを誤るわ装備を誤るわでアムンゼンに1ヶ月も遅れて南極点に到達し(負けたという情報はとっくに入ってたみたいだけど)、失意のズンドコのうちに帰る途中で遭難して死ぬ、という。

しかしながら、大西洋無着陸単独横断飛行を2番目に成し遂げた人のとんでもない無名さを思えば、スコットはある意味恵まれています。

ちなみに、最初に成し遂げたくせに当時の扱いがひど過ぎるのはコロンブスです。支援者のイサベルが死ぬ前からすでに評判が悪く、植民地作ったぞーと言えば現地人殺しだとののしられ、ってかアメリカって環境悪っ、とか言われたあげく、アメリカ大陸上陸を禁じられ、ボロ船を与えられて航海に出れば遭難して救助され、どこがインドだバーカと言われ、失意のうちに死に、あまりの無名さに当時のドイツ人地理学者は何も知らずにアメリゴ・ヴェスプッチを最初の発見者だと早合点してアメリカ大陸と名付けてしまい……というあんばい。いやはや。



って世界史しか語ってない(笑)

模試、来週だったんですね……。かんっぺき空回りでしたなぁ。


東京創元社は10月に海外ミステリが文庫から出ないんですね。珍しい。


……む、そんなとこっす。
今日はこの辺で~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/457-a8f02ed9