昨日、ある人にメールしようとしたら、漢字一文字目がおんなじ人に間違えてメールしてしまいました、という。ぐぁ、はずい(//△//)



第7回本屋大賞が決まったようですね(ちょっと遅い話題だけど気にしない)。

ちなみに本屋大賞とは、「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとして掲げており、選考資格者が「新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員のみという文学賞です(Wikipediaから)。毎年エンターテイメントだかエンターテインメント的な作品に授与されます。大賞取った作品、全部読んだことないんだけど。

で、今年の受賞作は冲方丁『天地明察』、ラノベ作家がギアチェンジして歴史小説にチャレンジしたものだとかなんとか。作者名がなんか沖と間違えやすいとか、どっから名前なのか分かりにくいとか、そもそも何て読むんだよ、なんて考えてはいけないのです。

しかし、ノミネート段階ではさんざん『1Q84』が候補に上がっていただけに、この受賞作は良かったねと言いたいです。
だってそうでしょう、本屋大賞は「あまり売れてないけど書店員としてはぜひ売りたい」本がコンセプトなわけですよ。『1Q84』、既に売れに売れてるじゃないですか。ベストセラー大賞じゃないのよ。

てなわけで、読書メーターのサイトでは、『天地明察』を読んだ人より、読みたい人の方が多いという面白い状況になってるわけですね。



昨日の授業は、うん、最後の現代社会以外は面白かったです(笑)まぁ、日本史あたりはすぐ気力持たなくなりそうだけど( ̄▽ ̄;)

トップレベル数学の先生の説明は、長すぎず短すぎず大変よろしい。

英語の先生、例え話をひたすら連発します。英文を読むだけではそれは「英語」ではなく、音声を聞いてこそ「英語」なんだとか(どっかの一高の先生が言ってたわな)。
それを説明するのに、B'zの新譜が出たら、な話をしてました。つまり、新譜出たからって、まっすぐ音楽雑誌置いてあるとこに行って、スコア見て「うぉ、稲葉半端ねぇ。このコード進行マジ最高!」とか言うやつぁいないってことです。それを身振り手振り演技してやるわけですよ。
フツーに面白ぇ(笑)もっとやれい。




今通学中。なんかやたらと電車でいろいろあるんですが、それはまあ次回ということで。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/345-9a496d3f