1、まずこの絵(前の投稿記事)には不自然な点があることがわかります。花の茎が、めちゃ短いのに、水の量が意外と少ないことです。


2、さて、なぜ花瓶が割れたのか考えます。見ての通り、この花瓶は棚から落ちたとか、そういう理由で壊れたわけではありません。では倒れて割れたのかというと、そうでもありません。だって、こんな何にもないだだっ広い真っ白な精神と時の部屋みたいな世界に花瓶がポツーンと置いてあるなんて、そんな馬鹿げたことはありません。

3、故に、この花瓶は持ち込まれたことが分かります。


4、もちろん皆さん気付いた通り、この花瓶の破片のうち、1つは浮遊しています。遠近感が下手くそな画家が描いたという可能性は、この際なしにします。

5、なぜ浮遊しているのか、もちろん落下しているからです。このオバハンは、花瓶が割れたのを拾いあげ、怒ってまたポイっとしているのです。


6、ということは、割ったのはこのオバハンです。例えば、もし後ろの男が割り、それに怒っているのなら、さらに割るようなことをしなくたって良さそうなもんです。


7、なぜ割れたのか?以上から考えるに、わざと割ったのでは?という可能性が浮上します。割って水が飛び散ってもいいように、こんな亜空間だか異空間を選んだんですね。


8、花瓶を割る理由、もちろん中身を見たい場合です。中身は分かりませんが、おそらく口から入るサイズの、合いカギだか指輪だかなんかでしょう。


9、ここで気になるのは、花の茎が短いのに水が少ないことです。こんな花の茎をカットする理由なんか思い付きませんから、おそらく水が減っていると考えるべきです。ということは、オバハンより以前に、この花瓶の中身を出そうと花瓶をひっくり返したやつがいるってことです。誰かは分かりませんが、登場人物の数から、ひとまず後ろの男とします。


10、そして、男は中身を出したのでしょう。中身がないから、オバハンはキレてるわけです。


11、ではなぜオバハンはひっくり返して中身を出そうとしなかったのか?ここでまた、花に着目します。この花瓶の角度で、こんなちっさい花が落っこちないわけがありません。ということは、この花瓶の口は、おそらくセメントか何かで固められているのです。だーから割ったんですね。


12、そして、セメントで固めたのも、後ろの男でしょう。


13、後ろの男は、誰だか知りませんが、夫でないことは確かでしょう。この特殊な鼻は、遺伝としか考えられません。


14、ということで、見たとこオバハンより年下に思えるので、ひとまず息子だとします。


15、これで全てが分かりました。息子は中身を取り出して、冗談のつもりで花瓶の口を固めたのです。ところが、予想以上にキレてるオバハンは、なんと花瓶を叩き割ってでも中身を出そうとし、拾い上げて中身をチェックしたら空で、怒りのあまりまた破片を地面に放り投げてるわけです。
それを見た息子は、まさかここまで怒るとは思ってもなかったため、恐怖に震えているのでした……。








ちなみに、この問題は、英語30?40語で解答します。
ムリっしょ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/239-ef801340