今日うちで、大議論が持ち上がりました。

題:「AはBにまさるとも劣らない」と言った時、ニュアンス的には、AはBより上なのか?下なのか?ピッタリ同じなのか?

今日はこれで一日が暮れたといっても、過言ではありません。

母親&自分は下派、父親は上派です。
話し合っててもラチ明かんので、例文を作りました。

例文:「把瑠都関は、大関にまさるとも劣らない」

と言えば、つまり「把瑠都は大関ではないけど、大関なみにつおい」「しかし大関ほど強くはない」とゆーニュアンスがあります。
つまり、「世間的・客観的には劣るものを、語り手が擁護し上に引き上げるため」の表現だ、と結論が出ました。

んが。

例文2:「この食洗機は、前に持ってたやつにまさるとも劣らないね」

……と言ったら、どーなんでしょーか。これって絶対劣っちゃいないような気がします。同等、もしくは上なイメージ。

とゆことで結論2「状況によって上になったり下になったりする」……まあなんて使い勝手のいい結論だよ(笑)


いまだ結論がイマイチはっきり出ていないので、一家言持つ方、どーぞどーぞ考えをおっしゃって下さいな。



さて。

明日は学校に行かないけまへん。日本史論述があります。

が、火曜が高校の推薦入試のため、その準備をするとゆーので、午前帰りです。

ぶっちゃけね、日本史論述ごときで学校にいる半日が潰れるのにはどーにも納得がいかんのよ。せっかくの半日を、潰さないでちょーだいな。ってか、なぜ月曜日に論述入れたミスター。あと、「実際」と「いわゆる」を連呼しないでちゃぶだい。

……アレ、日本史論述嫌いなの俺だけ?



今日オークラホテルまでパン買いに行ったんですが、そーいや来週(今週?)バレンタインデーなんですね。

バレンタインデーっていや、269年の2月14日にローマ皇帝の迫害下で聖ウァレンティヌスが殉教したというオメデタじゃない日に、日本国民がチョーシ乗ってハッピーデーにしようとしている日ですね。

個人的に、バレンタインデーにいい思い出はありません。といって、悪い思い出があるかと言えば、そうでもありません。つまり、何もないわけです――いい意味と悪い意味で。

いや、小学生の間は一応関係ない日じゃなかったんですが、あれはどっちかというと悪い思い出です。
そして、中学生の時には、スイミングで義理チョコが飛び交うのみ。
高校では、ある意味何もありません。
……そして現在に至る、と。
この話題失敗(笑)



とゆことで、歯切れ悪いまま終わります(爆)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/213-a16dfd1b