お嬢さま学校にはふさわしくない死体
『お嬢さま学校にはふさわしくない死体』ロビン・スティーヴンス(コージーブックス)

一九三〇年代英国、お嬢さまたちが通う厳格なディープディーン女子寄宿学校。転校生ヘイゼルと、学校一の人気者で頭脳明晰の美少女デイジーは、二人でひそかに探偵倶楽部を結成した。でも起きる事件といえば、他愛もない校内の盗難事件ばかり。そんなとき、ヘイゼルは誰もいない夕方の室内運動場で女性教諭の死体を発見! ところが人を連れて戻ってみると、どういうわけか死体は消えていた。探偵倶楽部はまたとない大事件に色めきたつ。ときに校則を破り、ときに寮母の目を盗んで、勝手知ったる校内を大捜査。嘘つきな教師たち、割られた窓ガラス、幽霊の噂―あまりにもこの学校には秘密が多すぎて!? 賢く可憐な少女探偵たちが繰り広げる、英国で人気白熱中のシリーズ第一弾!(本書あらすじより)

お嬢さま学校にはふさわしくない死体2
見てください、この訳者あとがきを。本書の作者とコリン・デクスターとのあれこれが書いてあります。これだけでもう読む価値があるってなもんじゃないですか。
というアバウトな理由で読み始めたのですが、これが案外掘り出し物の良コージー本格ミステリでした。思ったよりちゃんと本格ミステリしていて、何だこのやろう面白ぇじゃねぇか、という完敗の気分。

女子寄宿学校を舞台に、ホームズ役の美少女デイジーとワトスン役の香港からの転校生ヘイゼルが、死体なき教師殺人事件に挑みます。1934年当時のアジア系の扱いとかも、ちらっとだけどちゃんと描いているあたり、海外のYAはさすがです。

さて、主役のホームズ役デイジーなのですが、この子がまぁすごいのです。めちゃくちゃ頭良いのに女子学校で上手くやっていくために頭の良さを隠しお調子者を装い……くらいは普通にありそうな設定です。ところがデイジーちゃん、基本的に人の死を悼むとか感情を慮るみたいな能力がゼロなのです。マジでシャーロックかよ、みたいなサイコパス味があります。おまけに、「見て! これは地衣類よ。どこに生えているか、わたしはちゃんと知ってるわ。へんてこなオレンジ色をした菌類の一種なんだけど、オークショットの森のはずれでしか成長しないの。ここから、すくなくとも八十キロは離れてるところでしか、ね」って、お前はどこのホームズなんだいい加減にしろ。
ちなみにデイジーはミステリオタクでもあるのですが、舞台となる1934年当時の黄金時代のミステリを読む描写が多数登場します。本書ではクリスティ『邪悪の家』、アリンガム『ミステリー・マイル』、セイヤーズ『誰の死体?』、テイ『列のなかの男』を読んでいました。女性作家ばっかりだ。

海外のコージーらしく、ゆるふわ女学校だけで話は終わりません。先生たちの関係が出世や恋愛を巡って実はドロドロ……ぐらいは当たり前。まずデイジーとヘイゼルの関係がもうどう考えてもうまくいっていないのです(100%デイジーのせい)。このへんが、並のバディ物ではないというか、手抜きなく少女探偵を書いているなぁという感じで好印象(読んでいる分には不快だけど)。
どんでん返しぃ!みたいのはなくても、推理を試行錯誤しつつ、ダミー犯人を間違えて追い、ちゃんとそれなりの伏線を回収(現代海外ミステリ本格好きは、ちょっと伏線があるだけですぐに感心する)し、きちんと動機を提示する、そんな全然堅牢ではない本格ミステリ風な海外ミステリが私は好きなのです(伝われ)。意外な犯人を演出するためのミスディレクションもちゃんとやってるし。

というわけで、いやー良いじゃないですか。今年のダークホースとなりうるか。シリーズ2作目の翻訳も期待しています。
ところで人生初コージーブックスだったんですが、字の大きさとページのすっかすかっぷりに動揺しました。良いとか悪いとかではなく、何はともあれ動揺しました。こちらからは以上です。

原 題:Murder Most Unladylike(2014)
書 名:お嬢さま学校にはふさわしくない死体
著 者:ロビン・スティーヴンス Robin Stevens
訳 者:吉野山早苗
出版社:原書房
     コージーブックス ス2-1
出版年:2017.04.20 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1369-e5ab534c