名探偵は嘘をつかない
『名探偵は嘘をつかない』阿津川辰海(光文社)

「ただいまより、本邦初の探偵弾劾裁判を開廷する!」彼が本当に嘘をついていないのか、それは死者を含めた関係者の証言によって、あきらかにされる!
名探偵・阿久津透。その性格、傲岸不遜にして冷酷非情。妥協を許さず、徹底的に犯人を追い詰める。しかし、重大な疑惑が持ちあがった。それは、彼が証拠を捏造し、自らの犯罪を隠蔽したというものだった──。(本書あらすじより)

大学で所属していた文芸サークル・新月お茶の会の後輩が、光文社の新人発掘プロジェクト、カッパ・ツー(ノベルスで行われていたカッパ・ワンを継ぐものです)でデビューしました。で、生まれたのがこちら『名探偵は嘘をつかない』。生まれて初めて新刊国内ミステリを買いましたよ、わたし。というわけでマジメに感想書きます。

舞台は近未来?の、「名探偵」が制度化された日本。名探偵・阿久津透の不正を暴くべく、現在の、そして過去の事件に遡り、史上初の探偵弾劾裁判が開廷します。

本格ミステリに求める「読書」としての楽しさって、「謎や手がかりが魅力的であること」と「ストーリーが魅力的であること」の2点があると個人的には考えているのですが、その両方を十分に満たしてくれる作品でした。個人的には満足です。ただし、良い意味でも悪い意味でも、逆転裁判リスペクトが強い作品ではあります。

前者については、過去の事件(複数)、現在の事件それぞれで工夫が凝らされていて非常に楽しいです。ゲームで証拠品を集めるかのごとく、とりあえず後で使えそうな手がかりを片っ端から読者に見せとくぜ!骨付きステーキとか!みたいなノリでざくざく伏線が張られていくので、本格ミステリを読むとき特有のモヤモヤがすごいわけですよ。謎解きのカタルシスを最後だけに持っていくのではなく、何度も推理が行われるので気持ちよく本格ミステリを楽しめます(この点、法廷ものって便利だ)。これだけのロジックをそろえるのはさぞかし大変だったろうなぁ。
それから後者については、名探偵という職業が確立し「探偵の弾劾裁判」が行われるという世界観、さらに死者の世界を巻き込んだ特殊設定ミステリとしての舞台設定によって楽しさが保証されています。というかこのへんに逆転裁判味が一番強いですね。序審法廷制度と霊媒的な。

本格ミステリとしての意外性、どんでん返しという点ではやや残念。特に2日目夜の事件の真相や、阿津川が隠そうとしていた真相については、100パーセントは無理にしても大筋が読みやすいかなと思います(後者については『逆転裁判』ですげぇ見たことあるだけになおさら)。また6つの訴訟理由、ということで使われたメインとならない2つの事件については、結局あの2人を出すためという理由くらいしかないのももったいないですね。やりたいことをやるための設定づくりが少々強引かなと。

とはいえ、ある人物との再会、フレイの再登場のところでは普通にビックリしたので、やっぱり組み立ての上手さというか、これだけの量の作者がやりたいネタを注ぎ込みながらもきちんと長編としてまとめあげたというところに一番感心します。次作も期待しています。買います。あとどこか短編で榊裁判官を主人公にしたスピンオフとか書いたりしませんかね……しないだろうな……。

書 名:名探偵は嘘をつかない(2017)
著 者:阿津川辰海
出版社:光文社
出版年:2017.06.20 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1368-f6de0065