コードネーム・ヴェリティ
『コードネーム・ヴェリティ』エリザベス・ウェイン(創元推理文庫)

第二次世界大戦中、イギリス特殊作戦執行部員の女性がスパイとしてナチスの捕虜になった。彼女は親衛隊大尉に、尋問をやめる代わりに、イギリスに関する情報を手記にするよう強制される。その手記には、親友である女性飛行士マディの戦場での日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? さまざまな謎が最後まで読者を翻弄する傑作ミステリ。(本書あらすじより)

今年の作品の中ではかなりの話題作となっている『コードネーム・ヴェリティ』を読んでみました。なるほど、これは実に良い「ありうる話」です。

第1部は第二次世界大戦中にドイツ軍に囚われたある女性スパイが書いた手記、第2部は女性飛行士として活躍するマディがその女性を救うべく奮闘する手記、という構成になっています。
第二次世界大戦を描いた戦争小説としてじっくり読ませはするのですが、とはいえ第1部は非常に地味。地味なんだけど、読んでいてところどころのよくわからなさにモヤモヤするのです。自分のことはあまり語らず、ひたすら親友マディについた手記で語り、イギリスの情報をドイツに密告し続ける彼女は、いったいぜんたい何が目的なのか?……と思っていたら第2部になってしまい、どういう話なのかが依然としてさっぱり見えません。

小説としての魅力は、女性2人が軍の中で次々と活躍していく様を描いた第1部の方が上かなと思います。しかしながら第2部では、終盤の第1部の見事な謎解き、そして何より主人公2人の友情の物語が素晴らしいのです。なんとなく、第1部の書かれた目的みたいなものは、伏線の張り方からして予想できなくもないのです。ただそれをどう使うんだろうと思っていたら、予想以上に自分が第1部に騙されていたことが分かってほぇぇぇぇぇとなりました。

というわけで、かなり地味ではありますが、巧みな構造に、戦争小説としての魅力と冒険小説としての面白さと友情物語としての感動を入れ込んだ、実に良い作品です。これがYA小説として売られている海外の状況がうらやましい……。翻訳ミステリー大賞にノミネートされる予感。

原 題:Code Name Verity(2012)
書 名:コードネーム・ヴェリティ
著 者:エリザベス・ウェイン Elizabeth Wein
訳 者:吉澤康子
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mウ-24-1
出版年:2017.03.24 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1367-61eded56