青鉛筆の女
『青鉛筆の女』ゴードン・マカルパイン(創元推理文庫)

2014年カリフォルニアで解体予定の家から発見された貴重品箱。そのなかには三つのものが入っていた。1945年に刊行されたパルプ・スリラー。編集者からの手紙。そして、軍支給の便箋に書かれた『改訂版』と題された原稿……。開戦で反日感情が高まるなか、作家デビューを望んだ日系青年と、編集者のあいだに何が起きたのか? 驚愕の結末が待ち受ける、凝りに凝った長編ミステリ!(本書あらすじより)

千葉読書会のために読んだ本です。いやこれ、発売前から気になっていたんですよ(ゲラ版モニターも申し込んで落ちたし)。おまけに帯に踊る文字が「書籍・手紙・原稿で構成される三重構造の驚異のミステリ」「MWA候補の超絶技巧ミステリ」ですよ。もう期待せざるを得ないのです。
……と思っていざ読み始めたら、知り合いの国内ミステリ読み系女子Oさんがこう言うのです。

「作中作で面白かったミステリ、一度も読んだことないんだけど」

ななな、何てことを言うんですか。仮にもO女史は国内ミステリ読み系女子でしょうが。そんなこと言うと、えーと自分は海外ミステリ読み系男子だからよく分からないけど、アレとかアレとか、あちこちに喧嘩を売るんじゃないですか。いい加減にしてください。

読みました。

O女史「どうだった?」
吉井「O女史の説は覆らなかったよ……」


やってることは面白いんだけど、全然驚かそうという気がない構成だったのが悲しいです。

あらすじはあまり知らずに読む方が良いかも。第二次世界大戦中に発売されたパルプ・スリラー、その編集者(=青鉛筆の女)から作者への手紙、そして謎の原稿、の3つが交互に登場します。

趣向が徐々に明らかになる序盤は非常に楽しいのです。「こっこれ、どういうこと?? 説明して!!」と思いながら読むのですが、当然それを作者が説明してくれるわけがありません。読みながら段々と読者がそれに気付いていき、仕掛けが分かった時に「そういうことか! すげぇ!」と面白さのピークを迎えます。
問題はそれが分かったあとなんですよ。特に謎の原稿の主人公スミダが介入し始めてからがすげぇ普通というか、ありきたりの域を出なすぎなんです(意図的に007みたいな王道を書こうとしているだけになおさら)。手紙部分の青鉛筆の女も不快。パルプ・スリラー風の物語を意図的に書いているんですが、そもそもパルプ・スリラーだって面白いものはもっと面白いぞ……結末も納得いかないし……。

結局作者はこの趣向を試したかっただけで、小説的な面白さをあまり追及していないんですよね。戦中アメリカの日系を扱っている点なども、結局趣向的に使いやすいからだけですし。差別など突っ込んで書けばいくらでも深くなりそうなのに、そうもならず、表面的であるのは否めません。総合的にはイマイチですし、とりあえずネタが気になる人だけ読めば十分かなと思います。

原 題:Woman With a Blue Pencil(2015)
書 名:青鉛筆の女
著 者:ゴードン・マカルパイン Gordon McAlpine
訳 者:古賀弥生
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mマ-27-1
出版年:2017.02.28 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1362-21bd9a3a